【いざというときに知っておきたい!】iPhoneを水没させてしまった時の応急処置!


 

もしもの時のために覚えておきたい「iPhoneを水没させてしまった時の応急処置」をご紹介します。

 

iPhoneを水没させた時の応急処置

 

まず最初にこちらの手順を行なって下さい。

1.電源を切る

濡れたまま電源を入れると重大な故障や腐食の原因になります。

水の中に落とした際、電源が切れた場合はそのまま絶対電源を入れないこと。

電源がついたままの場合はすぐに電源を落としましょう。

スクリーンショット 2014-11-15 13.05.56

 

2.カバー・バンパー等をはずす

カバーをつけたままだとiPhoneとカバーの間に入り込んだ水分が拭き取れません。

すぐに外しiPhoneについた水分を拭き取りましょう。

スクリーンショット 2014-11-15 13.10.02

 

3.SIMカードを抜き、ティッシュにくるむ

iPhone購入時に付属されていた「SIM取り出しツール」か、もしそれがない場合は「クリップ」等を変形させ、SIMを取り出します。

スクリーンショット 2014-11-15 13.12.32

 

4.端子部分はティッシュで吸い取る

イヤホン端子とDOCKコネクタ部分はティッシュを細くし、中に入り込んだ水分をできるだけ吸い取りましょう。

スクリーンショット 2014-11-15 13.16.03

 

iPhone本体を乾燥させる方法

時間をかけてiPhone内部に入り込んだ水分を乾燥させます。用意するものはこちらの3つ。

  • ジップロック(なければビニール袋でも可)
  • 乾燥剤(お菓子などに入っているもの2~3個でOK!)
  • ティッシュ

 

スクリーンショット 2014-11-15 13.19.21

 

準備した3つのものでiPhoneを乾燥させていきます。

1.iPhoneをティッシュで包む

iPhoneを丁寧にティッシュで包みます。

スクリーンショット 2014-11-15 13.19.33

 

2.ジップロックにiPhoneと乾燥剤を入れ密閉

ジップロックにiPhoneと乾燥剤を入れ密閉します。

ビニール袋の場合は空気をできるだけ抜くようにしましょう。

スクリーンショット 2014-11-15 13.19.40

 

3.PCの上などほんのり暖かい場所に放置

PCの上や電源アダプタの上など、ほんのり暖かい場所に放置します。ドライヤーなどで急激に熱すると、高温で故障する場合があるので絶対NGです。

スクリーンショット 2014-11-15 13.19.54

 

さて、これで出来る限りの応急処置はとれました!このまま4~5日放置後、別に保存しておいたSIMカードを挿入し電源を入れてみましょう。

電源がついてカメラ・スピーカー等に動作不良がないか確認し無事に動けば大成功です!

よく読まれている話題