「思い出が止まらない」75年間連れ添った亡き妻に捧ぐおじいちゃんの歌がiTunesで1位になった話


スクリーンショット 2014-08-24 8.21.25

 

米国イリノイ州在住のフレッドさん(96)は、75年間連れ添った妻のロレインさんを亡くしてから1ヶ月ほど経ったある夜、ひとり亡き妻に捧げる詩を書きました。タイトルは「Sweet Lorraine (愛するロレイン)」。

そんあなある日、彼の詩を目にした音楽レコーディングスタジオのプロデューサー、ジェイコブ・コルガンさんはその内容にいたく感動し、フレッドさんに「これを一緒に曲にしませんか」と提案してきました。

痛いほどにロレインさんへの気持ちが溢れているフレッドさんの詩。そこにシンガーソングライターであるジェイコブさんが作る美しいメロディと魅力的なボーカルが加わり、「Oh Sweet Lorraine」は完成しました。

こちらは、まだ未完成の「Oh Sweet Lorraine」を初めてフレッドさんに聴かせてあげた時の映像です。映像の中には2人の思い出の写真がたくさん登場しますが、感傷的なメロディに乗って一緒に歳を重ねていく夫婦の姿は涙を誘います。

 

YouTube

http://youtu.be/xN8B0gCpi3o

 

曲を聴き終えたフレッドさんの目からは感動の涙が。

>この「Oh Sweet Lorraine」は、完成後あっという間に全米中で話題となり、遂にはアメリカのiTunesにおけるシンガーソングライターのチャートで1位(全ジャンルでも9位)を獲得しました。フレッドさんの真っ直ぐな想いと夫婦の絆が多くの人の心を打ったのです。

よく読まれている話題

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です