幼い少年が、床に描いた絵… それは戦争で奪われた大切なもの


スクリーンショット 2014-08-26 10.31.39

 

これはイラク戦争中に本当にあった出来事を元に、制作されたショートフィルムです。

友だちとも遊ばず、少年がチョークを使って床に描いたもの。

 

もっと甘えたい・・・
抱きしめて欲しい・・・

そばにいてくれれば・・・。

             ”

 

戦争で亡くした母親。その温もりが少年にとって、なによりも欲しいものだった。

こんな悲劇を繰り返さないために・・・。

 

YouTube

http://youtu.be/dsf_z4urc4s

 

是非シェアをお願いします。

よく読まれている話題

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です