意外と多い!!!20代男性の13.3%が「女子のリコーダー舐め」経験アリ!


img88_050209

 

期待に胸を膨らませ、誰もいない放課後の教室に潜入。密かに思いを寄せる女の子の机の中をまさぐり、数時間前に音楽の授業で吹いていたリコーダーをペロペロペロ…。再度誰もいない事を確認し、そっと教室を後にする。

男性なら誰しも、とはいいませんがこのような行為に心当たりのある方は存在するはずです。そこで今回は20代から60代の男 性計750名を対象に、「小中学校時代に、いわゆる『女子のリコーダー舐め』をしたことがありますか?」という質問でアンケートを実施してみました。女性 のみなさん、結果を見てもドン引きしないでくださいね。

 

【年代別】
小中学校時代に、いわゆる「女子のリコーダー舐め」をしたことがあると答えた男性の割合

20代:13.3%
30代:10.7%
40代:8.7%
50代:7.3%
60代:3.3%

 

年代が上がるにつれ減少する傾向はありますが、20・30代の男性はおよそ10人に1人が”女子のリコーダー舐め”経験者ということが発覚しました。ドラマや漫画の世界だけのものと思っていましたが、意外と存在するんですね…。それでは、経験者のコメントを見てみましょう。

 

「リコーダーを舐めるという行為はもちろん、独特の背徳感に興奮を覚えていた」(30代男性)

「ソプラノリコーダーとアルトリコーダーでは舐め心地が違います。僕はアルト派でした」(20代男性)

「うっかり音を出さないように舐め、ハンカチでしっかりと拭き取る。決して証拠を残してはいけません。完全犯罪です」(40代男性)

「一度バレてしまったことがあり、大変な騒動になりました。みんなの前で晒し者です」(30代男性)

「リコーダーを舐めた女の子と結婚をしました。もちろん、いまでも秘密にしています」(30代男性)

 

“女子のリコーダー舐め”は、好きな女の子への気持を素直に表現できない思春期の男子特 有の行動です。とはいえ、決して褒められた行為ではありません。若気の至りというには度を越しているでしょう。万が一ペロッとしてしまった方は、同窓会で 武勇伝としてしゃべることはせず、自分だけの秘密として墓場まで持っていくようにしましょう。

よく読まれている話題