【感動】脳腫瘍のバスケ選手 特例措置で初の公式戦出場「夢がかなった」


 

スクリーンショット 2014-11-06 9.54.52

 

脳腫瘍で「12月の先に命はない」と診断された全米大学バスケットボールの女子選手が初の公式戦に出場。

麻痺した体を懸命に動かして4得点をマークし、全米を涙させた。

 

この選手は全米3部に所属するマウント・セントジョセフ大(オハイオ州)の1年生フォワード、ローレン・ヒル(19)で2日に行われたハイラム・カレッジ 戦に先発。

前半の開始17秒、ゴール下で左手でシュートを決めて男女を通しての今季の“全米初得点”を記録。

後半の残り26秒から再びコートに登場すると、今度は麻痺が強くなっている利き手でもある右手でシュートを成功させた。

 

ヒルは頭部の手術不可能な個所に腫瘍があり、ここに来て症状が悪化。

歩行はおぼつかなくなり吐き気や頭痛も激しくなっていた。

当初の開幕日は2週間先 だったが「一度だけでも娘をコートに立たせてほしい」という両親の願いを大学が受け止めて全米大学体育協会(NCAA)に働きかけ、特例措置として日程の 変更を承認。

試合会場も2000人ほどしか入らない母校の体育館ではなく、40キロほど離れた男子強豪校、ゼイビアー大の1万250人収容のアリーナに なった。

チケットは開始30分で完売し、試合はFOXが生中継。

ヒルは「なにもかもが驚き。本当に幸せです。夢がかなったわ。だからバスケが好きなんで す」と感無量の面持ちだった。

 

試合は66―55でマウント・セントジョセフ大が勝って白星発進。

すでに小児がんの基金には多額の寄付が集まっており、背番号22のユニフォームを着た無名の選手は、1日にして多くの人々の心を揺り動かした。

よく読まれている話題