漫画

はだしのゲン…漫画の最終回はどのように幕を閉じたのか?!




中沢啓治氏による、被爆にもめげず、激動の戦後に生きる少年達を描いた作品である「はだしのゲン」…
自伝的な作品で、作中のエピソードの多くも中沢氏が実際に体験したことが描かれています。

1973年25号の「週刊少年ジャンプ」から連載が始まり、中沢氏は自分の思いを完全に伝えるため、妻を除いて専属のアシスタントを一切使わずに描き上げたそうです。

2010年6月調査のgooランキング「読んでおきたい日本史モノマンガランキング」の第1位にも選ばれている本作品。
最終回はどのような終わりを遂げたのでしょうか。

中学を卒業したゲンは、看板屋のアルバイトをしながら絵を学ぶ日々を送っていました。
しかし、社長である中尾のすぎた戦争賛美を非難したゲンはクビを言い渡されてしまいます。

そんな、ある日、ゲンは街角でひとりの少女に一目惚れをします。

しかし、彼女の父親が中尾であることを知り落胆するゲン。
その想いをスケッチブックにぶつけるゲンを見かねた隆太は、その少女・光子にスケッチブックを手渡し、光子へのゲンの想いを熱弁するのです。

やりすぎだと隆太をしかるゲンの前に現れた光子は、顔を真っ赤にしながらこれからも自分を描いて欲しいと告白します。

その言葉に舞い上がるゲンは、たびたび彼女を連れて、その姿をスケッチブックに描き写すのでした。

しかし、その幸せな時間は長くは続きませんでした。

光子が原爆症を発症し、瞬く間に亡くなってしまったのです。
悲しみに暮れるゲンだったが、前向きに生きることを改めて光子に誓うのでした。

そのころ、ムスビは栄養剤と騙されて麻薬中毒に陥っていました。
洋服店を出すために貯めた金にも手を出したムスビは、後悔のなか逝ってしまいます。

ヤクザの親分や手下を殺してムスビの敵を討った隆太は、ゲンの勧めで勝子とともに東京へ逃避行を決め、ゲンと別れるのでした。

一方、ムスビの葬儀を終えたゲンは、絵の師匠である天野に東京へ出て未来をつかめと激励され、ひとり上京を決意するのです。

敗戦よりも恐ろしい、原爆の恐怖と向き合いたくましく生きるゲンと仲間達。
そんな熱い情熱と未来が見える最終回となりました。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. のび太の早撃は次元やゴルゴを凌ぐ0.1秒!
  2. 木村拓哉…ドラマ「プライド」で事故を起こしていた?!
  3. つる姫じゃ〜っ!…気になる最終回とは?!
  4. ズバ蛮…すべての謎が明らかとなる衝撃の結末とは?!
  5. キャンディキャンディ…最終回のあらすじとは?

関連記事

  1. 漫画

    実は当初ドラえもんには肩書きがあった?!

    ドラえもんは、のび太を助けるために未来からやってきた猫型ロボットなのは…

  2. 漫画

    「狂人軍」…永久封印された理由とは?!

    藤子不二雄Ⓐ氏による漫画「狂人軍」…藤子不…

  3. 漫画

    ルパン三世と峰不二子の間には子どもがいる?!

    モンキー・パンチ(原作)の漫画・アニメ作品「ルパン三世」…ルパン三…

  4. 漫画

    実はイクラちゃんは「女の子」だった?!

    「サザエさん」には、イクラちゃんというキャラが登場しますよね?サザ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. コスモスストライカー…戦士たちの激闘の結末はどうなった?!
  2. 映画「天安門、恋人たち」の周りからの評価とは?発禁となるのは…
  3. ガキ帝国悪たれ戦争…秘宝映画として残したい作品がなぜ公開中止…
  4. 漫画「らんま1/2」…気になる最終回のあらすじとは?!
  5. 映画「靖国 YASUKUNI」…上映中止に追い込まれたその理…
  6. フランス映画「密告」はなぜ上映禁止の不運に巻き込まれたのか?…
  7. 映画「ノストラダムスの大預言」のDVDが発売中止となった理由…
  8. 漫画「スローニン」の名言はこれだ!!
  9. ロシア映画「孤独な声」…廃棄命令を受けた理由とは?!
  10. 漫画「ゆうれい小僧がやってきた!」…気になる最終回のあらすじ…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    ジャストミート…この漫画の最終回はどうなった?!
  2. 漫画

    のび太の早撃は次元やゴルゴを凌ぐ0.1秒!
  3. 漫画

    しずかちゃん(ドラえもん)は毒舌キャラだったの?!
  4. 漫画

    代紋TAKE2…奇跡のタイミングで全面回収に?!
  5. 漫画

    NARUTO(ナルト)…デイダラが意外と人気なのはなぜ?
PAGE TOP