映画

映画「コンクリート」…当然のように批判殺到で公開中止?!

2004年に公開された映画「コンクリート」(ベンテンエンタテインメント)…
この映画は、少年犯罪史上最悪といわれる「女子高生コンクリート詰め殺人事件」(1988年)をモチーフにした作品でした。

突然、公開前から批判が殺到し、予定していた銀座シネパトスは公開を中止…
50席に満たない小さな劇場でわずか1週間の上映になったのです。

それでもソフト化は諦められなかったのか、公式HPの書き込み欄をクローズしてDVDを販売…
今でも「封印」はされていません。

映画の原作は、事件を小説仕立てにした2003年の「十七歳、悪の履歴書」(作品社)を執筆した渥美饒児(じょうじ)氏…
純文学でデビューしたものの、出版不況もあってか、2001年に日本で原発事故が起こるパニック小説「ジャパン・シンドローム」(作品社)を発表しています。

そうして次回作として女子高生コンクリート詰め殺人事件を題材に取り上げました。
渥美氏は、少年犯罪を専門とするジャーナリストでもなければ、社会派事件を得意とする作家でもありません…
原作は「関係者に突っ込んだ取材をすることもなく書き散らしたお粗末なもの」と評されたのです。

そんな作品に目を付けたのが、自主映画を作りながら商業デビューを狙っていた中村拓監督…
低予算で、わずか5日で撮影したといいます。

犯人役は、当時、ブレイク寸前だった俳優の高岡奏輔氏を起用…
犯罪者側を英雄視しているともとらえられかねない部分があると批判されました。

さらに当時、類似犯罪を助長し、被害者遺族を傷つかねないという懸念が噴出…
神戸連続児童殺傷事件の「少年A」でマスコミが大騒ぎをした結果、類似犯が頻発していました。

本人も2015年、「絶歌」(太田出版)という手記まで出版…

少年犯罪に関してメディアは慎重な対応が求められることをあらためて考えされるきっかけになりました。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争いとは?!
  2. アンパンマンのマーチの歌詞には戦争反対の意味合いがある?!
  3. 漫画「ハロー張りネズミ」の最終回は意外な展開だった?!
  4. ムーミン…核戦争の世界を表現しているというのは嘘ではない?!
  5. 木村拓哉…ドラマ「プライド」で事故を起こしていた?!

関連記事

  1. 映画

    シティーハンター…実写版キャストは「ジャッキー・チェン」?!

    「シティーハンター」 (CITY HUNTER)と言えば、北条司氏によ…

  2. 映画

    映画「スパルタの海 甦る子供たち」28年越しに全国ロードショー

    上之郷利昭のノンフィクション小説「スパルタの海 甦る子供たち」(東京新…

  3. 映画

    映画「恐怖奇形人間」がDVD化されるまでの長い道のり

    「恐怖奇形人間」は、日本映画史上に燦然と輝くカルト作品で、公開時から現…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 沈黙の艦隊…軍事写真の著作権侵害問題とは?!
  2. 燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!
  4. 「キン肉マン」…ヤバすぎて封印されたエピソードとは?!
  5. ブラックジャックは感動作品ではなく恐怖コミックスだった?!
  6. 怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!
  7. 漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  8. 「狂人軍」…永久封印された理由とは?!
  9. 「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争い…
  10. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    鎧伝サムライトルーパーは第17話が2週連続で放送されたことがある?!
  2. 漫画

    漫画「サバイバル」…少年の結末はどうなった?!
  3. 漫画

    漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  4. アニメ

    波平は仕事場を左遷されたことがある?!
  5. 漫画

    「すすめ!!パイレーツ」…最終回でパイレーツはどうなるのか?!
PAGE TOP