漫画

インドネシアでは「ドラゴンボール43巻」が発売された?!

週刊少年ジャンプで「ドラゴンボール」の連載が終わったのは1995年のこと…
強敵魔人ブウとの激闘を制した孫悟空が、ベジータたちと再び天下一武道大会に参加したところで、物語は大団円を迎えました。

コミックス版でいえば、第42巻が最終巻です。
しかし、実はインドネシアには、幻のドラゴンボール「第43巻」が存在するのをご存じだったでしょうか?

といっても、もちろん鳥山明氏が描いた正規版ではありません…
インドネシアの作家が、勝手に「ドラゴンボール」最終回の後日譚を描いて発売したのです。

そのストーリーは、孫悟空やウーブたちがタイムマシーンで過去に行き、子供時代のクリリンやベジータを救い出すというもの…
オトナのベジータが子供のベジータと戦ったり、チビクリリンが現れたりと、意味不明な展開が延々と続きます。

しかし、そもそも画力が低いうえに、「ドラゴンボール」らしくないキャラが大量に登場したため、読者からの評判はさんざん…
続編が作られることはなく、この1巻だけで終了しています。

ちなみに、この43巻…
現在ではインドネシアでも入手は難しくなっています。

ここまで海賊版が横行したのは、インドネシアでは、1990年代から空前の日本マンガ・アニメブームが続いているからでしょう。
「ドラゴンボール」のほかに人気なのは「ドラえもん」や「キャンディキャンデ」など…
「コボちゃん」や「かりあげクン」といった日本的な文化を描く4コママンガまで人気が高いというから不思議なものです。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. ナルトとサスケの「最後の戦い」の持つ意味について
  2. ドラえもんの妹…ドラミ以外に「ガチャ子」がいる?!
  3. おぼっちゃまくんには再放送は禁止された回がある?!
  4. ドラえもんの体内にあった「原子炉」が消えた件
  5. ワンピース…巨人族でなくとも巨人並みの身長のキャラがいる件

関連記事

  1. 漫画

    しずかちゃん(ドラえもん)は毒舌キャラだったの?!

    「ドラえもん」の人気キャラ・しずかちゃんといえば、誰もが認める良い子で…

  2. 漫画

    クレヨンしんちゃん…原作が下ネタだらけでアニメは放送自粛?!

    アニメ版の「クレヨンしんちゃん」といえば、長らく「子どもに見せたくない…

  3. 漫画

    アトムが女の子の足をつけている理由とは?

    人気アニメ「鉄腕アトム」の第54話「アトムの初恋」には、冒頭に手塚治虫…

  4. 漫画

    進撃の巨人…壁の中の巨人の正体とは何なのか?

    「進撃の巨人」の世界は、高さ50メートルという巨大な壁に守られた、その…

  5. 漫画

    バッファローマンのヅラは不評でアニメ版でもお蔵入り!?

    「バッファローマン」と言えば、ご存じ「キン肉マン」に登場する有名キャラ…

  6. 漫画

    のび太の早撃は次元やゴルゴを凌ぐ0.1秒!

    思い返してみると、漫画の世界には様々な「早撃ち」のスペシャリストが登場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. ルパン三世には「10万人」もの仲間がいる?!
  2. ブラックジャックは「岩手・宮城内陸地震」を予言していた件
  3. 悟空は「オッス!オラ悟空!」と一度も言ったことがない件
  4. たつき諒「私が見た未来」で東日本大震災を言い当てる?!
  5. 石川賢の漫画版「ウルトラマンタロウ」があまりに暗すぎる件
  6. ハウルの動く城…ソフィーの変化は原作者の病に関係していた件
  7. あんみつ姫…人種差別を助長すると抗議を受けたことがある?!
  8. ルフィの名言には他の作品のセリフが紹介されている件
  9. ジャングル大帝…原作のラストはトラウマ級だった件
  10. 鎧伝サムライトルーパーは第17話が2週連続で放送されたことが…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    ルパン三世は最終回で爆発によって死亡する?!
  2. 漫画

    ブラックジャックは「岩手・宮城内陸地震」を予言していた件
  3. 漫画

    ルパン三世…最初に検討していた髪型は長髪スタイルだった?!
  4. 映画

    ショムニ(映画版)は高島礼子が主演など大コケ?!
  5. 漫画

    NARUTO(ナルト)…「猪鹿蝶」の連携と由来とは?
PAGE TOP