漫画

インドネシアでは「ドラゴンボール43巻」が発売された?!

週刊少年ジャンプで「ドラゴンボール」の連載が終わったのは1995年のこと…
強敵魔人ブウとの激闘を制した孫悟空が、ベジータたちと再び天下一武道大会に参加したところで、物語は大団円を迎えました。

コミックス版でいえば、第42巻が最終巻です。
しかし、実はインドネシアには、幻のドラゴンボール「第43巻」が存在するのをご存じだったでしょうか?

といっても、もちろん鳥山明氏が描いた正規版ではありません…
インドネシアの作家が、勝手に「ドラゴンボール」最終回の後日譚を描いて発売したのです。

そのストーリーは、孫悟空やウーブたちがタイムマシーンで過去に行き、子供時代のクリリンやベジータを救い出すというもの…
オトナのベジータが子供のベジータと戦ったり、チビクリリンが現れたりと、意味不明な展開が延々と続きます。

しかし、そもそも画力が低いうえに、「ドラゴンボール」らしくないキャラが大量に登場したため、読者からの評判はさんざん…
続編が作られることはなく、この1巻だけで終了しています。

ちなみに、この43巻…
現在ではインドネシアでも入手は難しくなっています。

ここまで海賊版が横行したのは、インドネシアでは、1990年代から空前の日本マンガ・アニメブームが続いているからでしょう。
「ドラゴンボール」のほかに人気なのは「ドラえもん」や「キャンディキャンデ」など…
「コボちゃん」や「かりあげクン」といった日本的な文化を描く4コママンガまで人気が高いというから不思議なものです。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. ピーターパン…原作とディズニー作品の違いは全く別物だった?!
  2. 東映の「スパイダーマン」をマーベルはどう感じているのか?
  3. よろしくメカドック…最速マシンを夢見た男たちは最終回どうなる?!
  4. ドラゴンボール…漫画の背表紙に描かれたキャラクターの謎とは?
  5. 妖怪ウォッチ…放送禁止となった理由は「パロディ問題」か?!

関連記事

  1. 漫画

    「狂人軍」…永久封印された理由とは?!

    藤子不二雄Ⓐ氏による漫画「狂人軍」…藤子不…

  2. 漫画

    クレヨンしんちゃん…原作が下ネタだらけでアニメは放送自粛?!

    アニメ版の「クレヨンしんちゃん」といえば、長らく「子どもに見せたくない…

  3. 漫画

    漫画「天 天和通りの快男児」…最終回は麻雀シーンは一切なし?!

    福本伸行氏の漫画「天 天和通りの快男児」。…

  4. 漫画

    わたるがぴゅん!…予想を裏切る最終回の展開とは?!

    なかいま強氏による漫画「わたるがぴゅん!」…中学野…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 名探偵コナンには「ピカソ君」のパクリ疑惑が出たことがある?!…
  2. ラーメン大好き小池さんの本名は「鈴木」だった?!
  3. タラちゃんの妹「フグ田ヒトデ」はオフィシャルで存在してる?!…
  4. 宇宙戦艦ヤマトと新スタートレックの意外な関係とは?!
  5. ゲゲゲの鬼太郎…ねずみ男の本名は「根頭見ペケペケ」?!
  6. ちびまる子ちゃん…おばあちゃんの名前はいつ発覚した?!
  7. アンパンマン…チーズの裏設定に衝撃を受ける?!
  8. ルパンと銭形警部の関係は東西京北大学の先輩後輩?!
  9. 次元大介…帽子はボルサリーノ製で素材はゾウアザラシの皮?!
  10. 峰不二子…スリーサイズがゾロ目の理由とは?!
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    ラピュタのスタッフが制作したアダルトアニメが存在する?!
  2. 映画

    ピノキオの原作は首つりで殺されてしまうものだった?!
  3. 漫画

    帯をギュッとね!…最終回で決着はつくのか?!
  4. アニメ

    キャプテンフューチャー…再放送に到るまでの長い封印の真実とは?!
  5. 漫画

    ろくでなしBLUES…最終回ではどっちが勝ったのか?!
PAGE TOP