漫画

台湾版「ドラえもん」が人気の理由は何だったのか?!




Sponsored Links

1990年代に、台湾でオリジナルの「ドラえもん」が発売されていたのをご存じでしょうか?
タイトルは「大雄精霊世界」(のび太の精霊世界)…

藤子不二雄による正規のバージョンではなく、あくまで現地の青文出版社が無断で作り出した海賊版です。
そのため、日本版のドラえもんではあり得ないストーリーが多く、なんとも恐ろしいオチがつくエピソードも多いのです。

その代表例が、のび太が「心霊果」という謎の果実を食べてしまうストーリーの一編です。
学校をサボってスネ夫の別荘に遊びに行ったのび太が、虫取りをしている最中に不思議な精霊の姿を発見…
これを追いかけるうちに「心霊果」という果実を見つけ、制止されたにも関わらず口に入れてしまいます。

すると、帰宅した直後からのび太の体に異変が起き、なぜか足から木の根っこが生え始めたかと思えば、どんどん体が変形していき、最後は完全にのび太が樹木になったシーンで物語が終わってしまうのです。
そこからのび太が救われる展開になるわけでもなく、シュールなオチが怖すぎる話…

しかし、本作は台湾では人気が高かったようで、その後も順調に発刊が続きました。
最終的には全236巻まで発行されたといいますから、凄まじいヒット作だと言えるでしょう。
ただし、本作は1990年代の後半に絶版になっており、現在は読むことができません。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 漫画「右曲がりのダンディー」…気になる最終回のあらすじとは?!
  2. サザエさんの「ひょうりゅう記」が封印されたワケとは?
  3. なんと孫六…最終回のあらすじはどうなった?!
  4. ルパン三世も「ツタンカーメン三千年の呪い」には敵わない?!
  5. 徳川女刑罰絵巻牛裂きの刑…グロテスクであり衝撃的なあらすじとは?!

関連記事

  1. 漫画

    漫画「ラブひな」…最終回で約束の女の子が発覚する?!

    赤松健氏による少年漫画「ラブひな」。19歳…

  2. 漫画

    漫画「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」の最終回とは?!

    ロトの勇者がゾーマを倒してから100年。…

  3. 漫画

    海人ゴンズイ…最終回は理想郷を作り上げる?!

    ジョージ秋山氏の「海人ゴンズイ」。乗っていた船…

  4. 漫画

    伊佐坂先生は「ヒロポン」に手を出していた?!

    ご存じ1969年にスタートした「サザエさん」は、長い人気を誇る国民的ア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 名探偵コナンには「ピカソ君」のパクリ疑惑が出たことがある?!…
  2. ラーメン大好き小池さんの本名は「鈴木」だった?!
  3. タラちゃんの妹「フグ田ヒトデ」はオフィシャルで存在してる?!…
  4. 宇宙戦艦ヤマトと新スタートレックの意外な関係とは?!
  5. ゲゲゲの鬼太郎…ねずみ男の本名は「根頭見ペケペケ」?!
  6. ちびまる子ちゃん…おばあちゃんの名前はいつ発覚した?!
  7. アンパンマン…チーズの裏設定に衝撃を受ける?!
  8. ルパンと銭形警部の関係は東西京北大学の先輩後輩?!
  9. 次元大介…帽子はボルサリーノ製で素材はゾウアザラシの皮?!
  10. 峰不二子…スリーサイズがゾロ目の理由とは?!
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    漂流教室…児童たちの生存競争を繰り広げる漫画の衝撃的な結末とは?!
  2. アニメ

    星一徹(巨人の星)は二度死ぬ!?
  3. アニメ

    日テレ版「ドラえもん」の黒歴史が凄い?!
  4. 漫画

    超機動員ヴァンダー…気になる最終回のあらすじとは?!
  5. 漫画

    宇宙戦艦ヤマトを語る上で西崎義展は欠かせない?!
PAGE TOP