ドラマ

「相棒」にも放送禁止回があった件




Sponsored Links

特番枠での放送開始以来、16年にわたりテレビ朝日の誇る驚異の高視聴率番組として君臨する刑事ドラマシリーズ「相棒」…
“特命係”のキレモノ、水谷豊演じる杉下右京が、タイプの違う“相棒”(初代は寺脇康文演ずる亀山薫)と凸凹コンビを結成しつつ、その恐ろしいほどの推理能力を活かし事件を解決していくドラマです。

「相棒」は「シャーロックホームズ」、「刑事コロンボ」に連なる正統派の刑事ドラマで、同じ系譜にある「古畑任三郎」よりもケレン味がない演出となっているのは、土曜ワイド劇場という主婦向けの特番を母体にしたドラマであるからでしょう。

この「相棒」にも、やはり封印された回は存在するのです。
それは連続ドラマ化されて3シーズン目、2004年12月8日に放送された「夢を喰う女」です。

定年退職をした老人の刺殺体が相次いで2体発見され、そのどちらの遺体にもかたわらには中身が白紙の本が発見されました。
その犯人捜査において発見された図書館カードから「世田谷区立南図書館」を訪れる杉下と亀山…

ここで図書館司書訳(しかも殺人犯)で登場する高岡早紀が、被害者の貸し出し記録を自発的に、あっさりと開示してしまうのですが、それが問題となったのです。

このシーンに対し、日本図書館協会がテレビ朝日に「地方公務員法第34条の守秘義務違反になりかねない」と抗議…
これに対しテレビ朝日は2004年12月15日付で「捜査令状を見せるシーンを省略したことは不適切だった」と謝罪したのです。
後日、謝罪テロップも放送しています。

この事件を受けて制作側ではこの回を欠番とし、オフィシャルガイドブックにも明記…
以降、再放送もされず、DVDやノベライズ書籍からも外されています。
リスキーな表現を避け、万全を期したつもりでも、放送禁止の罠は至るところに待ち受けているのですね。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 石川賢の漫画版「ウルトラマンタロウ」があまりに暗すぎる件
  2. 鎧伝サムライトルーパーは第17話が2週連続で放送されたことがある?!
  3. 波平は仕事場を左遷されたことがある?!
  4. サザエさんの「ひょうりゅう記」が封印されたワケとは?
  5. ゴーマニズム宣言…過激な表現で不掲載となった事件とは?!

関連記事

  1. ドラマ

    ドラマ「スーパーポリス」は視聴率低迷で打ち切り!

    視聴率の問題によって放送打ち切りになってしまう作品は数多く存在します。…

  2. ドラマ

    猿飛佐助(ドラマ)…最終回で太川陽介が撃たれて非難殺到?!

    あまり一般には知られていませんが、映画やドラマのアクションヒーローもの…

  3. ドラマ

    西部警察2003…池田努が事故を起こしてドラマはお蔵入り!?

    PARTⅡ・PARTⅢと高視聴率を誇った「大都会シリーズ」に続いて、石…

  4. ドラマ

    ドラマ「やまとなでしこ」が再放送できないワケとは?

    今、かつて数々の有名ドラマに出演してきた俳優たちが窮地に立たされていま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. コスモスストライカー…戦士たちの激闘の結末はどうなった?!
  2. 映画「天安門、恋人たち」の周りからの評価とは?発禁となるのは…
  3. ガキ帝国悪たれ戦争…秘宝映画として残したい作品がなぜ公開中止…
  4. 漫画「らんま1/2」…気になる最終回のあらすじとは?!
  5. 映画「靖国 YASUKUNI」…上映中止に追い込まれたその理…
  6. フランス映画「密告」はなぜ上映禁止の不運に巻き込まれたのか?…
  7. 映画「ノストラダムスの大預言」のDVDが発売中止となった理由…
  8. 漫画「スローニン」の名言はこれだ!!
  9. ロシア映画「孤独な声」…廃棄命令を受けた理由とは?!
  10. 漫画「ゆうれい小僧がやってきた!」…気になる最終回のあらすじ…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    サザエさん…磯野家に82回も泥棒が入った理由とは?
  2. 映画

    映画「ノストラダムスの大預言」のDVDが発売中止となった理由とは?!
  3. 漫画

    うしろの百太郎…最終回の意外なあらすじとは?!
  4. 漫画

    ルパン三世…最初に検討していた髪型は長髪スタイルだった?!
  5. 漫画

    サザエさん…中島くんの両親はもうこの世にいない?!
PAGE TOP