映画

ピーターパン…原作とディズニー作品の違いは全く別物だった?!




ディズニー作品の代表の一つである「ピーターパン」。
ピーターパン(Peter Pan)は、イギリス・スコットランドの作家ジェームス・マシュー・バリーの戯曲『ピーター・パンあるいは大人になりたがらない少年』(初演1904年(全三幕)/出版1928年(全五幕))、小説「ケンジントン公園のピーター・パン」(1906年)、小説「ピーター・パンとウェンディ」(1911年)から始まりました。

年を取らない少年ピーターパンが、夢の国ネバーランドを舞台に悪漢のフック船長と戦う傑作ファンタジーです。

子供にとっても、大人にとっても、とても夢のある素敵なストーリーとなっており、子供の頃からよく観ていた、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、この夢にあふれた物語には、1つだけ世にも恐ろしい裏設定が隠されていました。

デズニー作品では、永遠の少年であるピーターパンは、子供達のリーダー的存在であり、子供達にとても親しまれています。
しかし、なんとそのピーターパンが、ネバーランドに連れて行った仲間の孤児たちを殺害したというのです。

その根拠は、原作の「ピーター・パンとウェンディ」のに書かれた2つの文章にあります。
「ピーターは執念深く、できるだけ速く大人たちを殺そうとしていた」「子供たちが大人になったようなときには、それは規則違反なので、ピーターは彼らを間引いた」

どうやら、大人が嫌いなピーターパンは、子どもたちの成長が許せなかったようです。
明確な殺害シーンこそありませんが、ピーターパンが子どもたちに何らかの処分を行ったのは間違いありません。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. ドラえもんの体内にあった「原子炉」が消えた件
  2. 「ドキンちゃん」と「しょくぱんまん」が結ばれない理由とは?
  3. ワンピース…「空白の100年」の真実とは何か?
  4. 悟空は「オッス!オラ悟空!」と一度も言ったことがない件
  5. クレヨンしんちゃん…原作が下ネタだらけでアニメは放送自粛?!

関連記事

  1. 映画

    映画「スパルタの海 甦る子供たち」28年越しに全国ロードショー

    上之郷利昭のノンフィクション小説「スパルタの海 甦る子供たち」(東京新…

  2. 映画

    映画「混血児リカ」が海外で「Rica Trilogy」で販売されている理由

    彫師であり、劇画家としても活躍した梵天太郎が「週刊明星」に連載していた…

  3. 映画

    のび太くんとしずかちゃんの死ぬシーンが描かれた映画がある?!

    過去の映画版「ドラえもん」で、限りない数々のピンチを乗り越えてきたのび…

  4. 映画

    映画「日本暗殺秘録」がDVDされなかった理由とは?

    いきなり「暗殺は、是か!? 否か!?」…と、ものスゴい2択を迫られ…

  5. 映画

    鬼一法眼…若山富三郎の傑作が放送コードに引っかかった件

    世間に「差別用語」という言葉が広まり、それまで普通に使われていた言葉ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 沈黙の艦隊…軍事写真の著作権侵害問題とは?!
  2. 燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!
  4. 「キン肉マン」…ヤバすぎて封印されたエピソードとは?!
  5. ブラックジャックは感動作品ではなく恐怖コミックスだった?!
  6. 怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!
  7. 漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  8. 「狂人軍」…永久封印された理由とは?!
  9. 「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争い…
  10. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    おぼっちゃまくんには再放送は禁止された回がある?!
  2. 漫画

    燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. アニメ

    なるたる…オープニング曲の歌詞には驚くべき意味があった?!
  4. 漫画

    ドラえもんには「自動コジ機」という封印された道具がある?!
  5. 漫画

    バッファローマンのヅラは不評でアニメ版でもお蔵入り!?
PAGE TOP