特撮

ウルトラマン…あまりに悲劇的な話にプロデューサー激怒!

ウルトラQ」の後に制作した「ウルトラマン」は大ヒットしたのは、ご存知の方も多いでしょう。
ここから現在も続くシリーズとなったのですが、深いテーマを盛り込む円谷プロの姿勢は健在でした。

それが最高潮に達し、現在も高い評価を獲得しているエピソードが「帰ってきたウルトラマン」(1971年・TBS系)…
第33話「怪獣使いと少年」です。

これは封印作品ではないのですが、あまりに描写が生々しく、悲劇的なストーリーだったために、TBSのプロデューサーが激怒したという、いわくつきの回なのです。

監督の東條昭平は、いくつかのシーンを撮り直しさせられたあげく、助監督に降格…
メイン脚本家だった上原正三は、ストーリー全体に影響する重要なエピソード以外、担当をはずされてしまいました。
では、いったいどのような内容だったのでしょうか?…

話は川原にある廃屋のそばで、身長の半分以上はあるスコップを持ち、一心不乱に穴を掘る少年にスポットが当てられています。
奇妙な行動を住人たちは怪しみ、少年は宇宙人が化けた姿だという噂が広まっていました。

そうして少年は不良たちから、ひどいイジメを受け始めるのです。
少年を頭だけ出した状態で埋め、泥水をかけたうえに、自転車で轢こうとする不良たち…
すんでのところで、主人公のMAT隊員・郷秀樹(団次郎)に救われるのですが、その後もイジメは終わりませんでした。

お粥を炊く鍋を蹴っ飛ばす…
さらに、少年が泥まみれの米をかき集めようとすると、下駄で米を踏みにじる…
悔しさで涙を流す少年に、連れてきたシェパードをけしかける…
「本当にウルトラシリーズ?」と疑いたくなるほどの執拗なイジメ描写だったのです。




Sponsored Links

その後、郷は廃屋に住む男・金山に接触します。
金山は1年前にメイツ星から地球の気候調査にやってきた宇宙人でした。

調査の最中、川原で倒れている餓死寸前の少年を発見…
それ以来、親子同然に暮らしてきたといいます。

しかし、金山は汚染された地球の空気で、顔が半分ただれ、体も蝕まれてしまいました。
少年は金山がメイツ星に帰るため、川原に埋められた宇宙船を掘り起こしていたのです。

事情を知って、穴掘りを手伝う郷に、少年は語ります。
「おじさんとメイツ星へ行くんだ」…と。
地球は今に人間が住めなくなるから、その前に地球を捨てると言うのです。

そこに突然、竹槍で武装した住人たちが押しかけてきました。
少年が宇宙人だという噂に恐怖を抱き、暴徒と化したのです。

引きずられる少年を見て、たまらず廃屋から出てくる金山…
「待ってくれ!!宇宙人は私だ」…
襲いかかる群衆たちともみ合いになる中、警官が発砲して、金山は打たれて亡くなります。

失意に打ち震えて、うずくまる郷…
そのときでした。
金山が封印していた怪獣・ムルチが地中から現れ、街を破壊し始めたのです。

郷は逃げ惑う住人から怪獣を倒すよう要求されたのですが、その身勝手さにあきれ果ててしまいます。
しかし、思い直してウルトラマンに変身…
悲しい戦いが始まりました。

戦闘シーンの最初の攻防は、長回しで撮られています。
雨が打ちつけ、風が吹きすさぶ音が悲壮感を演出する名場面です。
ウルトラマンはムルチをスペシウム光線で倒しましたが、無力感に包まれたのか、しばし立ち尽くすのです。

そしてラストシーン…
金山が死んだ後も、少年は穴を掘り続けます。
その姿に隊員と郷の会話がかぶさりました。

「いったい、いつまで掘り続けるつもりだろう?」…
「宇宙船を見つけるまではやめないだろうな。彼は地球にさよならが言いたいんだ」…
以上が、「怪獣使いと少年」のストーリーです。

川原の廃屋、アイヌと縁の深い北海道出身の少年…
宇宙人の名前は在日韓国・朝鮮人に多いといわれる名字の「金山」でした。

沖縄出身の上原は、差別や偏見、集団心理の恐怖をテーマに、この脚本を仕上げたのでしょう。
根深い問題だからこそ、後味の悪い結末が相応しかったのかもしれません。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. るろうに剣心…星霜編のラストは性病が原因で剣心と薫が死ぬ?!
  2. NARUTO(ナルト)…角都はガンダム設定?!
  3. ドラゴンボールZ…エンディング曲を逆再生すると聞こえてくるのは…
  4. インドネシアでは「ドラゴンボール43巻」が発売された?!
  5. 瀬戸朝香・井ノ原快彦の馴れ初めドラマが放送NGなワケとは?

関連記事

  1. 特撮

    恐怖劇場アンバランスの「手鞠唄」がヤバすぎる件

    子供向け特撮番組に深いテーマを織り込む円谷プロですが、彼らが「大人向け…

  2. 特撮

    「ウルトラマンG」が発売されなかった理由は怪獣名が原因?!

    「ウルトラマンG(グレート)」とは、円谷プロがオーストラリアで制作した…

  3. 特撮

    杉浦太陽…逮捕事件(傷害と恐喝)はフルムーンレクトか?!

    ウルトラマン生みの親、円谷英二(つぶらやえいじ)の生誕100周年……

  4. 特撮

    ウルトラQ…未完の最終回はサラリーマンの悲哀?!

    ウルトラマンシリーズをはじめとした特撮作品で知られる円谷プロには、多く…

  5. 特撮

    仮面ライダーX…視聴率挽回のためにヒロインが急死?!

    1974年2月16日から同年10月12日まで毎日放送でスタートした「仮…

  6. 特撮

    東映の「スパイダーマン」をマーベルはどう感じているのか?

    スパイダーマンといえば、アメコミ大手のマーベル・コミック社を代表するヒ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. トムとジェリー…子供向けとは思えないショックシーンがあった?…
  2. 北斗の拳…ケンシロウの好物は「ビーフカレー」だった?!
  3. シティーハンター…実写版キャストは「ジャッキー・チェン」?!…
  4. 子鹿物語…アニメのあらすじから予想だにしない衝撃のラスト?!…
  5. ルパン三世には「10万人」もの仲間がいる?!
  6. ブラックジャックは「岩手・宮城内陸地震」を予言していた件
  7. 悟空は「オッス!オラ悟空!」と一度も言ったことがない件
  8. たつき諒「私が見た未来」で東日本大震災を言い当てる?!
  9. 石川賢の漫画版「ウルトラマンタロウ」があまりに暗すぎる件
  10. ハウルの動く城…ソフィーの変化は原作者の病に関係していた件
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    ルパン三世も「ツタンカーメン三千年の呪い」には敵わない?!
  2. 映画

    映画「コンクリート」…当然のように批判殺到で公開中止?!
  3. アニメ

    「8マン」の主題歌がカットされた理由とは?!
  4. 漫画

    あんみつ姫…人種差別を助長すると抗議を受けたことがある?!
  5. 漫画

    かっこいいスキヤキ…青林堂が100万を払えずに円谷プロ激怒?!
PAGE TOP