特撮

超人バロムは「ドルゲ事件」で放送打ち切りになったのか?!

読売テレビで1972年に制作され日本テレビ系で全国放送された特撮ヒーロー番組「超人バロム・1」…
複数の主人公が合体して敵と戦う変身物の草分けとなった作品です。

当時、この番組を観た子供たちは、合体の場面を真似て互いに腕を交差させ「バローム・クロース!」と声を上げて遊んでいました。
しかしある日、この「超人バロム・1」が放送中止になってしまうという噂が広まったのです。

ことの発端は朝日新聞に掲載された記事…
神戸在住のドイツ人、ドルゲ氏が「超人バロム・1」のボスキャラ「ドルゲ」と同じ名前のため息子がいじめられてしまうことを心配し、神戸地方裁判所に番組で「ドルゲ」という名前を使わないように仮処分を申請したのです。

プロデューサーはドルゲ氏へ必死の説得と謝罪を行い、「このドラマに出てくるドルゲはかくうのものでじっさいのひととはかんけいありません」とテロップを入れることで了解を得ました。

しかし、その後「超人バロム・1」は打ち切り同然の突然の最終回を迎えることになります…
「ドルゲ事件」が尾を引いたのかと思いきや、それとは違う理由がありました。

当初、テレビ局側はこんなものは話し合いで、すぐ解決できるものだと思っていました…
しかし、ことが裁判沙汰になりかけたとき、妙なところから横やりが入ったのです。

なんと「ドルゲ」という名前に文句をつけたのは、ドルゲ氏だけではありませんでした…
テレビ局の労働組合です

当時放送局の労働組合はナショナルセンターに属していて、共産党の影響が強かったのです。
その中の一部が「ドルゲ」という名は「ゾルゲ」を想起させ、侮辱に当たるとして抗議してきたのでした。

「ゾルゲ」とは、戦前の日本で暗躍し、死刑になったソ連最大のスパイにして共産党の英雄「リヒャルト・ゾルゲ」のことです。
単なる言いがかりとしか思えないのですが、無視できない理由もありました。

この業界のクレームというのは9割方が言いがかりでが、それを笑ってやり過ごせなかったのは、やはり70年安保闘争があり、共産党の力が強い時代だったからだと言います…
それから45年以上が経った今、当のドルゲ氏はどうしているのでしょうか。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 大甲子園…オールスター大集合となる最終回はどう締めくくられるのか?!
  2. 聖闘士星矢には「のりピー語」を話すキャラがいた?!
  3. 地獄先生ぬ~べ~…最終回の意外なあらすじとは?
  4. NARUTO(ナルト)…デイダラが意外と人気なのはなぜ?
  5. 台湾版「ドラえもん」が人気の理由は何だったのか?!

関連記事

  1. 漫画

    石川賢の漫画版「ウルトラマンタロウ」があまりに暗すぎる件

    ウルトラシリーズでも屈指の人気作である「ウルトラマンタロウ」…寓話…

  2. 特撮

    仮面ライダーX…視聴率挽回のためにヒロインが急死?!

    1974年2月16日から同年10月12日まで毎日放送でスタートした「仮…

  3. 特撮

    ウルトラ兄弟…ウルトラの父と母が生んだ息子はタロウだけ?!

    みなさんご存知、日本代を代表する人気特撮番組である「ウルトラマン」シリ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 沈黙の艦隊…軍事写真の著作権侵害問題とは?!
  2. 燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!
  4. 「キン肉マン」…ヤバすぎて封印されたエピソードとは?!
  5. ブラックジャックは感動作品ではなく恐怖コミックスだった?!
  6. 怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!
  7. 漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  8. 「狂人軍」…永久封印された理由とは?!
  9. 「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争い…
  10. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    キャプテンフューチャー…再放送に到るまでの長い封印の真実とは?!
  2. 漫画

    魔少年ビーティー…最終話でもビューティーの毒に魅了されてしまう?!
  3. ドラマ

    木村拓哉…ドラマ「プライド」で事故を起こしていた?!
  4. 映画

    風の谷のナウシカのアメリカ版タイトルは「風の戦士たち」?!
  5. アニメ

    ムーミン…核戦争の世界を表現しているというのは嘘ではない?!
PAGE TOP