特撮

怪奇大作戦…封印作となったトラウマとなるその内容とは?!




1968年(昭和43年)〜1969年(昭和44年)にTBS系で放送された特撮テレビドラマ「怪奇大作戦」…

オカルト犯罪に科学力で立ち向かうSRI(科学捜査研究所) の活躍を描いた特撮ドラマである本作。

1968年に円谷プロが「ウルトラセブン」の後番組として制作しましたが、社会問題や犯罪者の心の闇を描いたハードすぎる内容に、当時の子供たちはついていけませんでした。

特にトラウマ必至の第24話「狂鬼人間」は、同回が収録されたレーザーディスクが回収となる騒動になりました。
理由は公表されていませんが、現在は再放送とソフト化が不可能な「欠番」として円谷プロが封印しています。

この第24話では発狂した人間による殺人事件が続発します。
彼らは精神鑑定で心神喪失と診断され、「心神喪失者の行為は罰しない」とされる刑法第39条により全員が無実となり、数カ月すると全快して社会復帰していきます。

これに不審を抱いたSRIが調査を進めると、かつて精神障がい者によって家族を皆殺しにされた女性科学者が浮上するのです。
女は一定期間だけ精神障がいを引き起こす脳波変調機を開発し、「狂わせ屋」として暗躍していたのです。

それは不条理な法治社会に対する復讐でした。

おとり捜査をする岸田森演じるSRIの牧は、彼の素性に気づいた女によって脳波変調機で狂わされてしまいます。
牧は雑踏のなか、「ア〜ハッハッハ〜」と笑いながら銃を撃ち、同僚を追い回します。
稀代の怪優・岸田森氏は、本当に狂っているかのような熱演ぶりでした。

ラストは衝撃的。
SRIに追い詰められ逃げられないと悟った女は、自ら脳波変調機にかかり、出力ツマミをマックスまで絞るのです。
結果、女は一生を精神病院で過ごすことになります。

病室で「カーラースー、なぜ鳴くの〜」と歌っている女の顔が突然歪み、なにかを叫ぼうとした瞬間、エンディング主題歌のイントロが流れ出し、歌詞の前に出る「ぎゃああ〜!」という効果音声が、女の叫び顔にかぶる…満かずほ監督渾身の素晴らしい演出です。

ストーリー、演出ともハイレベルな社会派ドラマとはいえ、子供番組としては”やりすぎ”だったようです。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 映画「天安門、恋人たち」の周りからの評価とは?発禁となるのは目に見えていた?!
  2. ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!
  3. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体験によるものだった?…
  4. 超機動員ヴァンダー…気になる最終回のあらすじとは?!
  5. めくらのお市…テレビでの再放送が禁止となった理由とは?!

関連記事

  1. 特撮

    レインボーマン…実は「死ね死ね団」が放送禁止の理由ではなかった?!

    川内康範氏原作による東宝製作の特撮テレビ番組「愛の…

  2. 特撮

    仮面ライダーX…視聴率挽回のためにヒロインが急死?!

    1974年2月16日から同年10月12日まで毎日放送でスタートした「仮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. コスモスストライカー…戦士たちの激闘の結末はどうなった?!
  2. 映画「天安門、恋人たち」の周りからの評価とは?発禁となるのは…
  3. ガキ帝国悪たれ戦争…秘宝映画として残したい作品がなぜ公開中止…
  4. 漫画「らんま1/2」…気になる最終回のあらすじとは?!
  5. 映画「靖国 YASUKUNI」…上映中止に追い込まれたその理…
  6. フランス映画「密告」はなぜ上映禁止の不運に巻き込まれたのか?…
  7. 映画「ノストラダムスの大預言」のDVDが発売中止となった理由…
  8. 漫画「スローニン」の名言はこれだ!!
  9. ロシア映画「孤独な声」…廃棄命令を受けた理由とは?!
  10. 漫画「ゆうれい小僧がやってきた!」…気になる最終回のあらすじ…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    ドラえもんの体内にあった「原子炉」が消えた件
  2. アニメ

    日テレ版「ドラえもん」の黒歴史が凄い?!
  3. アニメ

    ルパン三世も「ツタンカーメン三千年の呪い」には敵わない?!
  4. 漫画

    サザエさん…伊佐坂先生は2人いるって本当?!
  5. 漫画

    名探偵コナンの時間経過はまだ半年?!
PAGE TOP