映画

ロシア映画「孤独な声」…廃棄命令を受けた理由とは?!




現代ロシア映画界の巨匠アレクサンドル・ソークーロフによる映画「孤独な声」…

いまでは多くの作品が国際的な評価を得ていますが、旧ソ連時代のキャリア初期には国内で厳しい批判にさらされ、数々の辛酸をなめています。
処女作「孤独な声」にいたっては、大学から廃棄命令が下った旧ソ連の幻の傑作、と言われています。




Sponsored Links

1951年生まれのソクーロフは、74年、全ソ国立映画大学 (現・全ロ国立映画大学)の監督学部に入学しました。
しかし、作品をめぐって大学当局と衝突したのです。

ソクーロフの作品は、大学の上層部の人間には「反ソビエト的」と映ったのです。

ソクーロフを追放しろという声が上がるなか考えられた方法が、飛び級での卒業検定試験でした。
1978年、ソクーロフは仕方なく卒業作品を作ることになります。
それが、「孤独な声」でした。

ソクーロフは、ロシアの作家プラトーノフの短編小説「ポトゥダニ川」(1937)の映像化を試みます。

ソクーロフはドキュメンタリーの映画工房に所属していたため、作家を紹介するドキュメンタリーという企画で制作許可をとりましたが、実ははじめから劇映画を作るつもりでした。

大学からは企画書通りの約3分のカラーフィルムが支給されましたが、結局、計画の3倍もある約90分の長編に仕上がりました。
ソクーロフは自分でもフィルム(白黒)を調達していたのです。

物語の舞台は、1917年のロシア十月革命後のとある村。
反革命勢力を一掃するための内戦に赤軍兵士として参加していた青年ニキータが帰還します。
命は助かりましたが戦場で負った心の傷は深く、ニキータはどこかうつろな目をしていました。

ニキータとは対照的に、緑の散歩道で再会した幼なじみの女性リューバは明るさに満ちています。

やがてふたりは結婚しますが、幸せに耐えられなくなったニキータは姿を消し、市場の掃除人となります。
それはニキータにとって、生から死の世界に移り住むことを意味しました。

その後、リューバが湖で自殺未遂をはかったことを聞いたニキータは、「死の世界」から帰還します…

作品を観た指導教授のズグリジは、何も口をはさまず、ソクーロフをさっさと卒業させようとしました。
ところが、学長のヴィターリー・ジダンは認めず、こう言ったのです。

一定のタイプの工房で学んだのなら、それにふさわしい卒業制作を作るのがよかろう

ドキュメンタリーの工房に所属しているのならドキュメンタリーを作るべき、ということです。

ただ、ジダン学長が本当に気にしていたのは、原作者のプラトーノフでした。

プラトーノフは、ソ連社会に疑問を抱いたネガティブな性格の人物を描いたことから、1920年代末から非難を受けた問題の作家だったのです。
その当時でもまだ発禁となっている作品がありました。

「ポトゥダニ川」を忠実に描いたソクーロフの「孤独な声」では、赤軍に従軍したために心を病んだ青年が主人公であり、ソビエト体制に批判的と読み取れます。
大学としては、プラトーノフ原作の作品で卒業させるわけにはいきませんでした。

ソクーロフを擁護する人々は、映画関係者向けの試写会を開いて、学長の決定を覆そうとしました。
その動きを察知したジダン学長は、すぐに試写の中止を命令…
事務局は試写会の開催を阻止すべく、映画のネガとポジの廃棄を命じました。

廃棄だけは逃れたい…
ソクーロフたちは「孤独な声」のフィルムを「戦艦ポチョムキン」のフィルムと入れ替え、編集室から持ち出し、寮のベッドの下に隠しました。
そして、ソクーロフはそれ以上抵抗することなく、以前に撮っていた別のドキュメンタリーを提出して大学を卒業したのです。

安心して映画を作れる環境が必要でした。

レニングラードのスタジオ「レンフィルム」に赴いたソクーロフは、秘匿していた「孤独な声」を見せて、採用してもらったのです。
このとき実は、巨匠タルコフスキーがレンフィルムのスタッフにソクーロフの映画を観るよう口添えしていたようです。
彼は大学で「孤独な声」を観て、ソクーロフの才能を買っていたのです。

ソクーロフはその後、劇映画やドキュメンターリーを制作していきますが、どれもことごとく上映禁止になってしまいました。
潮目が変わったのは、1986年、ゴルバチョフ書記長がペレストロイカ(改革)を宣言し、情報公開が推し進められてからです。

87年、ソクーロフの作品群がついに解禁されます。

「孤独な声」も復元作業をへて、約10年の封印を解いて一般公開されました。
ロカルノ国際映画祭では銅豹賞を受賞。
ソクーロフは表舞台でのキャリアをようやくスタートさせたのです。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 東映の「スパイダーマン」をマーベルはどう感じているのか?
  2. ドラえもんには「自動コジ機」という封印された道具がある?!
  3. 日テレ版「ドラえもん」の黒歴史が凄い?!
  4. 超機動員ヴァンダー…気になる最終回のあらすじとは?!
  5. 漫画「らんま1/2」…気になる最終回のあらすじとは?!

関連記事

  1. 映画

    鬼一法眼…若山富三郎の傑作が放送コードに引っかかった件

    世間に「差別用語」という言葉が広まり、それまで普通に使われていた言葉ま…

  2. 映画

    東方見聞録(映画)の事故で会社も倒産?!

    井筒和幸監督と言えば、映画「パッチギ!」などの数多くのヒット作で知られ…

  3. 映画

    映画「スパルタの海 甦る子供たち」28年越しに全国ロードショー

    上之郷利昭のノンフィクション小説「スパルタの海 甦る子供たち」(東京新…

  4. 映画

    ラピュタはスペイン語で「売春婦」という意味だった?!

    スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画作品の最高傑作の1つである「…

  5. 映画

    ショムニ(映画版)は高島礼子が主演など大コケ?!

    1998年から放送開始された大ヒットドラマ「ショムニ」でおなじみの「江…

  6. 映画

    映画「靖国 YASUKUNI」…上映中止に追い込まれたその理由とは?!

    上映をめぐるごたごたが起きた映画として記憶に新しい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. コスモスストライカー…戦士たちの激闘の結末はどうなった?!
  2. 映画「天安門、恋人たち」の周りからの評価とは?発禁となるのは…
  3. ガキ帝国悪たれ戦争…秘宝映画として残したい作品がなぜ公開中止…
  4. 漫画「らんま1/2」…気になる最終回のあらすじとは?!
  5. 映画「靖国 YASUKUNI」…上映中止に追い込まれたその理…
  6. フランス映画「密告」はなぜ上映禁止の不運に巻き込まれたのか?…
  7. 映画「ノストラダムスの大預言」のDVDが発売中止となった理由…
  8. 漫画「スローニン」の名言はこれだ!!
  9. ロシア映画「孤独な声」…廃棄命令を受けた理由とは?!
  10. 漫画「ゆうれい小僧がやってきた!」…気になる最終回のあらすじ…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    漫画「あいつとララバイ」…感動のラストとは?!
  2. アニメ

    機動戦士ガンダムは一度だけ「しゃべったこと」がある件
  3. 漫画

    ズバ蛮…すべての謎が明らかとなる衝撃の結末とは?!
  4. 漫画

    ワンピース…古代兵器プルトン・ポセイドン・ウラヌスについて
  5. 漫画

    漫画「火の玉ボーイ」…ラストでタマはどこへ向かうのか?!
PAGE TOP