漫画

こち亀…初期は未収録となるほどひどいものだった?!




秋本治氏による漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」…

本作の最終話を収録した「週刊少年ジャンプ」は、売り切れの状態となるほどの人気作品です。

しかし、本作の連載初期は、まさになんでもあり状態のタブーネタが満載で、コミックス収録削除の回も出たほどなのです。

2016年9月17日に発売された「週刊少年ジャンプ」42号で最終回を迎えた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」ですが、同誌に復刻掲載された第1話を見ればわかるように、初期の作風は、現在なら「漫画ゴラク」や「漫画TIMES」に掲載されていそうな内容でした。

初期の、主人公・両津勘吉は粗暴な不良警官として描かれており、行き先を訪ねに来た中年男性を「ふん、新潟で米でもつくってろ!」と罵倒し、前任の警官が退任した理由が「ロシアンルーレットで遊んでいて即死した」と答えていました(現行のコミックス版では両表記とも削除されています)。

現在、コミックス未収録となっているストーリーが「派出所自慢の巻」(1977年4月18日号)です。

両津と部下の中川が欠員補助のため水元公園派出所に向かったところ、そこの班長が時代錯誤の軍国主義思想の持ち主で、旧日本軍の軍服を着用しており、派出所内には「三八式歩兵銃」や「100式機関短銃」が所せましと陳列してあります。

派出所が留守になった後、寒さに耐えきれなくなった両津と中川が所内の木製小銃をたき火にくべてしまうのですが、その際「天皇陛下パンサーイ!」と叫ぶなど、作品中期以降、常識人と化した中川からは考えられないような場面が描かれているのです。

「派出所自慢の巻」は、1990年代以降自主規制され、この回が収録されていたコミックス第4巻の現行版は1988年に描かれた「野球狂の男の巻」が代替収録されていますが、絵柄が4巻当時のものとはまったく異なるため、事情を知らない読者は違和感を覚えました。

なお、作品初期〜中期にかけての「こち亀」には、規制が今よりもユルい時代だったため「女はあさはかなもの」、「現代のパープリンギャル」など女性蔑視的な発言や、ホームレスの「フータロー」というキャラが準レギュラーをつとめたり、「3億円事件の犯人さん時効まで後9日頑張れ!」というポスターが派出所内に貼られていたり、麗子が両津に「エイズになっても死ななそうね」(現行コミックスではセリフを変更)と発言するなど、現在では掲載不可能なブラックな表現が多く描かれていました。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 「卓球のうまい妖精・アイちゃん」の声優が変更された理由とは?
  2. ルパン三世は最終回で爆発によって死亡する?!
  3. 俺は鉄兵…気になるラストは広美が大活躍?!
  4. 「すすめ!!パイレーツ」…最終回でパイレーツはどうなるのか?!
  5. 漫画「あいつとララバイ」…感動のラストとは?!

関連記事

  1. 漫画

    バタアシ金魚…最終回の意外なあらすじとは?

    望月峯太郎氏による漫画「バタアシ金魚」…この「バタアシ金魚」の最終…

  2. 漫画

    ルパン三世はアルセーヌ・ルパンの孫ではなかった?!

    1971年から日本テレビで放送がスタートした「ルパン三世」の主人公は、…

  3. 漫画

    スヌーピーが閉所恐怖症な理由は「雑草」が原因?!

    誰もが知ってる世界中で3億部の発行部数を誇る大人気マンガ「ピーナッツ」…

  4. 漫画

    踊るトラ猫の漫画「ホワッツマイケル」の最終回はどうなる?!

    小林まこと氏による踊る猫・マイケルを主人公にした読切作品漫…

  5. 漫画

    風夏(漫画)…まさかのヒロイン急死でネットは大荒れ!?

    週刊少年マガジン(講談社)で2014年から連載が始まった「風夏(ふうか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 沈黙の艦隊…軍事写真の著作権侵害問題とは?!
  2. 燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!
  4. 「キン肉マン」…ヤバすぎて封印されたエピソードとは?!
  5. ブラックジャックは感動作品ではなく恐怖コミックスだった?!
  6. 怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!
  7. 漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  8. 「狂人軍」…永久封印された理由とは?!
  9. 「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争い…
  10. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    漫画「アシュラ」…結末まで完全版がリリースされない理由とは?!
  2. 特撮

    ウルトラマン…あまりに悲劇的な話にプロデューサー激怒!
  3. アニメ

    BE FREE!…気になる最終回のあらすじとは?!
  4. 漫画

    漫画「ハロー張りネズミ」の最終回は意外な展開だった?!
  5. アニメ

    くまのプーさん…ただのぬいぐるみで少年が作り出した妄想だった?!
PAGE TOP