漫画

クレヨンしんちゃん…原作が下ネタだらけでアニメは放送自粛?!

アニメ版の「クレヨンしんちゃん」といえば、長らく「子どもに見せたくない番組」のトップを走ってきた作品でした。
その理由は、主人公の生意気な言動や下品なギャグによるところが大きいのですが、原作マンガの過激さはアニメ版の比ではないのです。

例えば、かつて「漫画アクション」に掲載されたものの、単行本は収録されなかった幻のエピソードの一部…
股間にもぐりこまれた女教師が快感にあえいだり、幼稚園児が粘土で天安門事件の戦車を作ったりと、性的にも政治的にもアグレッシブなネ
タがてんこ盛りだったのです。

というのも、もともと「クレヨンしんちゃん」は大人向けに始まったブラックなギャグ漫画であり、子どものために描かれたわけではありませんでした。

そのため、初期のころはエグい下ネタやテロで恋人が死ぬような陰惨なエピソードも平気で掲載されていたのですが、アニメ版の人気が高まるにつれ、マンガでも長編や人情話が増え始めたのです。

この他にも、「クレヨンしんちゃん」には、コミックスでは読めないエピソードが大量に存在しているのですが、今では国会図書館でしか入手できなくなっています。

ちなみに、近年では「クレヨンしんちゃん」のアニメ版にも規制が多く入る事態になっており、かつては定番のギャグだった「ぞうさん」(しんちゃんが股間を丸出しにする)や「ケツだけ星人」(しんちゃんがお尻出して暴れる)や「みさえのげんこつ」といったシーンが、いずれも下品または暴力的であるとして放送自粛になっているのです。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 漫画「スローニン」の名言はこれだ!!
  2. 県立地球防衛軍…最終回は戦意喪失でクライマックス?!
  3. ムーミン…核戦争の世界を表現しているというのは嘘ではない?!
  4. メタルK…最終回の衝撃的なあらすじとは?!
  5. 星一徹(巨人の星)は二度死ぬ!?

関連記事

  1. 漫画

    鉄腕アトムには「アトム二世」という衝撃の迷作がある?!

    大ヒット作「鉄腕アトム」は、連載期間が長かったため、いくつかのスピンオ…

  2. 漫画

    くおん…最終回はあまり進展なくハッピーエンド?!

    川島博幸氏の漫画作品「くおん…」。男やもめの親…

  3. 漫画

    1・2の三四郎…最終回のあらすじは少年漫画の王道?!

    小林まこと氏による「1・2の三四郎」。天竜高校…

  4. 漫画

    風の谷のナウシカ…「巨神兵」は日本製だったの?!

    「巨神兵(きょしんへい)」というのは、1984年に公開された宮崎駿氏の…

  5. 漫画

    代紋TAKE2…奇跡のタイミングで全面回収に?!

    最悪のタイミング…言い換えればmまさに「神ってる」タイミングが仇(…

  6. 漫画

    パーマンには30年にわたって収録を見送られた話がある?!

    実は連載が始まったばかりの頃の「パーマン」は、なかなか過激な表現が多く…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 名探偵コナンには「ピカソ君」のパクリ疑惑が出たことがある?!…
  2. ラーメン大好き小池さんの本名は「鈴木」だった?!
  3. タラちゃんの妹「フグ田ヒトデ」はオフィシャルで存在してる?!…
  4. 宇宙戦艦ヤマトと新スタートレックの意外な関係とは?!
  5. ゲゲゲの鬼太郎…ねずみ男の本名は「根頭見ペケペケ」?!
  6. ちびまる子ちゃん…おばあちゃんの名前はいつ発覚した?!
  7. アンパンマン…チーズの裏設定に衝撃を受ける?!
  8. ルパンと銭形警部の関係は東西京北大学の先輩後輩?!
  9. 次元大介…帽子はボルサリーノ製で素材はゾウアザラシの皮?!
  10. 峰不二子…スリーサイズがゾロ目の理由とは?!
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    ルパン三世…最初に検討していた髪型は長髪スタイルだった?!
  2. アニメ

    アンパンマン…昔は顔をあげすぎていた?!
  3. 漫画

    1・2の三四郎…最終回のあらすじは少年漫画の王道?!
  4. 映画

    映画「バラ色の青春」…時を経て再発見されたカルト映画の内容とは?!
  5. 映画

    ショムニ(映画版)は高島礼子が主演など大コケ?!
PAGE TOP