漫画

クレヨンしんちゃん…原作が下ネタだらけでアニメは放送自粛?!

アニメ版の「クレヨンしんちゃん」といえば、長らく「子どもに見せたくない番組」のトップを走ってきた作品でした。
その理由は、主人公の生意気な言動や下品なギャグによるところが大きいのですが、原作マンガの過激さはアニメ版の比ではないのです。

例えば、かつて「漫画アクション」に掲載されたものの、単行本は収録されなかった幻のエピソードの一部…
股間にもぐりこまれた女教師が快感にあえいだり、幼稚園児が粘土で天安門事件の戦車を作ったりと、性的にも政治的にもアグレッシブなネ
タがてんこ盛りだったのです。

というのも、もともと「クレヨンしんちゃん」は大人向けに始まったブラックなギャグ漫画であり、子どものために描かれたわけではありませんでした。

そのため、初期のころはエグい下ネタやテロで恋人が死ぬような陰惨なエピソードも平気で掲載されていたのですが、アニメ版の人気が高まるにつれ、マンガでも長編や人情話が増え始めたのです。

この他にも、「クレヨンしんちゃん」には、コミックスでは読めないエピソードが大量に存在しているのですが、今では国会図書館でしか入手できなくなっています。

ちなみに、近年では「クレヨンしんちゃん」のアニメ版にも規制が多く入る事態になっており、かつては定番のギャグだった「ぞうさん」(しんちゃんが股間を丸出しにする)や「ケツだけ星人」(しんちゃんがお尻出して暴れる)や「みさえのげんこつ」といったシーンが、いずれも下品または暴力的であるとして放送自粛になっているのです。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. ドラえもんには「自動コジ機」という封印された道具がある?!
  2. 漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  3. ワンピース…古代兵器プルトン・ポセイドン・ウラヌスについて
  4. アニメの「初代ドラえもん」の声は完全にオッサンだった?!
  5. 妖怪ウォッチ…放送禁止となった理由は「パロディ問題」か?!

関連記事

  1. 漫画

    ルパン三世は最終回で爆発によって死亡する?!

    漫画アクションで1967年から連載された「ルパン三世」は、怪盗ルパン(…

  2. 漫画

    ぎゅわんぶらあ自己中心派…名言や最終回は必見?!

    片山まさゆき氏による「ぎゅわんぶらあ自己中心派」……

  3. 漫画

    「ゴルゴ13」の唯一の弱点とは?

    Sponsored Links長寿漫画「ゴ…

  4. 漫画

    サザエさん…中島くんの両親はもうこの世にいない?!

    「サザエさん」のカツオの親友といえば「中島くん」です。メガネをかけ…

  5. 漫画

    元々ドラゴンボールには「セル編」の予定はなかった?!

    大人気漫画「ドラゴンボール」には、セルという強敵が登場します。3つ…

  6. 漫画

    ナルトとサスケの「最後の戦い」の持つ意味について

    少年時代、互いをライバルとして強く意識していたナルトとサスケ…相反…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 沈黙の艦隊…軍事写真の著作権侵害問題とは?!
  2. 燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!
  4. 「キン肉マン」…ヤバすぎて封印されたエピソードとは?!
  5. ブラックジャックは感動作品ではなく恐怖コミックスだった?!
  6. 怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!
  7. 漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  8. 「狂人軍」…永久封印された理由とは?!
  9. 「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争い…
  10. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    ポケモン…封印作品となった38話と幻の4話分の真相とは?!
  2. 漫画

    ドラゴンボール…漫画の背表紙に描かれたキャラクターの謎とは?
  3. アニメ

    子鹿物語…アニメのあらすじから予想だにしない衝撃のラスト?!
  4. アニメ

    なぜドナートはフロッピーの存在を知り得たのか?
  5. 漫画

    漫画「火の玉ボーイ」…ラストでタマはどこへ向かうのか?!
PAGE TOP