漫画

クレヨンしんちゃん…原作が下ネタだらけでアニメは放送自粛?!

アニメ版の「クレヨンしんちゃん」といえば、長らく「子どもに見せたくない番組」のトップを走ってきた作品でした。
その理由は、主人公の生意気な言動や下品なギャグによるところが大きいのですが、原作マンガの過激さはアニメ版の比ではないのです。

例えば、かつて「漫画アクション」に掲載されたものの、単行本は収録されなかった幻のエピソードの一部…
股間にもぐりこまれた女教師が快感にあえいだり、幼稚園児が粘土で天安門事件の戦車を作ったりと、性的にも政治的にもアグレッシブなネ
タがてんこ盛りだったのです。

というのも、もともと「クレヨンしんちゃん」は大人向けに始まったブラックなギャグ漫画であり、子どものために描かれたわけではありませんでした。

そのため、初期のころはエグい下ネタやテロで恋人が死ぬような陰惨なエピソードも平気で掲載されていたのですが、アニメ版の人気が高まるにつれ、マンガでも長編や人情話が増え始めたのです。

この他にも、「クレヨンしんちゃん」には、コミックスでは読めないエピソードが大量に存在しているのですが、今では国会図書館でしか入手できなくなっています。

ちなみに、近年では「クレヨンしんちゃん」のアニメ版にも規制が多く入る事態になっており、かつては定番のギャグだった「ぞうさん」(しんちゃんが股間を丸出しにする)や「ケツだけ星人」(しんちゃんがお尻出して暴れる)や「みさえのげんこつ」といったシーンが、いずれも下品または暴力的であるとして放送自粛になっているのです。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 「ルパン8世」という幻の漫画・アニメ作品がある?!
  2. ルパン三世…最初に検討していた髪型は長髪スタイルだった?!
  3. のび太の早撃は次元やゴルゴを凌ぐ0.1秒!
  4. 星一徹(巨人の星)は二度死ぬ!?
  5. アンパンマン…昔は顔をあげすぎていた?!

関連記事

  1. 漫画

    ドラミちゃん…彼氏が4人いることを堂々と語る?!

    ドラえもんの妹として人気の「ドラミちゃん」…清純なイメージが強いキ…

  2. 漫画

    名探偵コナンの時間経過はまだ半年?!

    謎の組織によって体を小さくされた小学生探偵の活躍を描く「名探偵コナン」…

  3. 漫画

    石川賢の漫画版「ウルトラマンタロウ」があまりに暗すぎる件

    ウルトラシリーズでも屈指の人気作である「ウルトラマンタロウ」…寓話…

  4. 漫画

    ドラえもんには「自動コジ機」という封印された道具がある?!

    1973年の「小学五年生」に掲載された「ドラえもん」には、描写がヤバす…

  5. 漫画

    ワンピース…古代兵器プルトン・ポセイドン・ウラヌスについて

    「ONE PIECE」には、いずれも神の名を持つプルトン、ポセイドン、…

  6. 漫画

    タイガーマスクの最終回は交通事故という衝撃のラスト!

    昭和44年から日本テレビで放送がスタートした「タイガーマスク」は、子ど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. ルパン三世には「10万人」もの仲間がいる?!
  2. ブラックジャックは「岩手・宮城内陸地震」を予言していた件
  3. 悟空は「オッス!オラ悟空!」と一度も言ったことがない件
  4. たつき諒「私が見た未来」で東日本大震災を言い当てる?!
  5. 石川賢の漫画版「ウルトラマンタロウ」があまりに暗すぎる件
  6. ハウルの動く城…ソフィーの変化は原作者の病に関係していた件
  7. あんみつ姫…人種差別を助長すると抗議を受けたことがある?!
  8. ルフィの名言には他の作品のセリフが紹介されている件
  9. ジャングル大帝…原作のラストはトラウマ級だった件
  10. 鎧伝サムライトルーパーは第17話が2週連続で放送されたことが…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    地獄先生ぬ~べ~…最終回の意外なあらすじとは?
  2. アニメ

    鎧伝サムライトルーパーは第17話が2週連続で放送されたことがある?!
  3. 漫画

    インドネシアでは「ドラゴンボール43巻」が発売された?!
  4. アニメ

    波平は仕事場を左遷されたことがある?!
  5. 映画

    映画「スパルタの海 甦る子供たち」28年越しに全国ロードショー
PAGE TOP