漫画

ワンピース…「プルトン」について考察してみる!

古代兵器プルトンに関する情報が数多く確認されたのが、「ウォーターセブン編」でした。
この時、世界政府直下暗躍諜報機関の中でも選りすぐりのエリートで、殺人の許可を与えられている「CP9」が、5年もの長期間に渡ってプルトンの設計図獲得に暗躍するなど、世界政府が異常なほど古代兵器に執着している姿が浮き彫りになったのです。

ところが、世界政府には、ポセイドンやウラヌスを探し求めている様子は見られません。
なぜ彼らは、プルトンだけに固執しているのでしょうか?…

その理由は2つほど考えられます。
まず1つは、世界政府がプルトン以外の古代兵器の存在を知らないという可能性です。

古代兵器の復活阻止という建前で「歴史の本文(ポーネグリフ)」の解読を禁じている世界政府は、古代兵器についてある程度の知識を持っているものと考えられますが、ポセイドンの正体を突き止めたロビンが「こんな事実 誰かに知られては大変ね 世界中のあらゆる勢力がしらほし姫の力を欲しがるでしょう 政府も海賊も…!!」と話しているところを見ると、ポセイドンの存在や正体は今のところ誰にも明かされていないというようにも解釈できます。

もう1つの理由として考えられるのは、すでに彼らが入手しているという可能性です。
ポセイドンに関しては、現在も「魚人島」にいるので該当しませんが、ウラヌスが世界政府の手中にある可能性は否定はできません。

世界で唯一古代兵器を復活させることができるロビンを連行中、CP9のロブ・ルッチは「こっちに不都合があるとすればフランキーが自由の身である事だけだ」と話していました。

これは、プルトンの設計図を持ったフランキーとロビンさえ捕らえておけば、世界政府が所有するウラヌスへの抵抗勢力が生まれる可能性はゼロになる…
という意味なのではないでしょうか。
世界政府はポセイドンの存在を知らず、かつウラヌスを所有しているのかもしれません。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. ゲゲゲの鬼太郎…妖怪の名前を自主規制していた?!
  2. コスモスストライカー…戦士たちの激闘の結末はどうなった?!
  3. 日テレ版「ドラえもん」の黒歴史が凄い?!
  4. 悟空は「オッス!オラ悟空!」と一度も言ったことがない件
  5. 「卓球のうまい妖精・アイちゃん」の声優が変更された理由とは?

関連記事

  1. 漫画

    ドラミちゃん…彼氏が4人いることを堂々と語る?!

    ドラえもんの妹として人気の「ドラミちゃん」…清純なイメージが強いキ…

  2. 漫画

    ドーベルマン刑事…涙ありの最終回はどうなる?!

    原作・武論尊氏、漫画・平松伸二氏による「ドーベルマン刑事」…

  3. 漫画

    「ドラえもん」がカタカナとひらがなで書かれた理由とは?

    「ドラえもん」といえば、連載が始まったときから「えもん」だけはひらがな…

  4. 漫画

    漫画「あいつとララバイ」…感動のラストとは?!

    楠みちはる氏のよる漫画「あいつとララバイ」…横浜を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. コスモスストライカー…戦士たちの激闘の結末はどうなった?!
  2. 映画「天安門、恋人たち」の周りからの評価とは?発禁となるのは…
  3. ガキ帝国悪たれ戦争…秘宝映画として残したい作品がなぜ公開中止…
  4. 漫画「らんま1/2」…気になる最終回のあらすじとは?!
  5. 映画「靖国 YASUKUNI」…上映中止に追い込まれたその理…
  6. フランス映画「密告」はなぜ上映禁止の不運に巻き込まれたのか?…
  7. 映画「ノストラダムスの大預言」のDVDが発売中止となった理由…
  8. 漫画「スローニン」の名言はこれだ!!
  9. ロシア映画「孤独な声」…廃棄命令を受けた理由とは?!
  10. 漫画「ゆうれい小僧がやってきた!」…気になる最終回のあらすじ…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    マスオさん…原作ではヨボヨボの老人として描かれていた?!
  2. 映画

    ピノキオの原作は首つりで殺されてしまうものだった?!
  3. 漫画

    メタルK…最終回の衝撃的なあらすじとは?!
  4. アニメ

    「ドキンちゃん」と「しょくぱんまん」が結ばれない理由とは?
  5. アニメ

    アンパンマンのマーチの歌詞には戦争反対の意味合いがある?!
PAGE TOP