漫画

プラモ狂四郎…最終回はどんな展開になるの?!




周囲から「プラモ狂四郎」と呼ばれるくらいにプラモデル、特にガンプラが大好きな少年・京田四郎は行きつけの模型店店主・倉田が完成させたプラモシミュレーションマシーンの存在を知ります。
これは自分の作ったプラモデルに乗って戦闘を疑似体験できる画期的なマシーンでした。

四郎はライバルたちとのシミュレーションバトルを経て、モデラーとしてだけでなく人間としても成長していくというのが、「プラモ狂四郎」のあらすじです。

プラモ狂四郎 最終回

ワールドシミュレーション大会優勝者の京田四郎は、テクニカルアドバイザーを務めるホビーの研究開発・生産をする目的で東京湾に建設されたロボット工場「ホビートピア」から緊急に呼び出されていました。

そんな四郎を待ち構えていたのは、反乱を起こした工場を管理するメインコンピュータからの挑戦でした。
メインコンピュータが送り込む敵を次々と撃破していく四郎の前に、ガードスーツを装着したメインコンピュータが直接戦いを挑んできたのです。

ところが予想に反して、四郎はガードスーツと互角以上に渡り合ってしまいます。
四郎のデータは完壁にインプットしているにも関わらず、パワー負けするどころか、ABS樹脂製のガードスーツをも生身の拳で打ち砕かれてしまいます。

慌てるメインコンピュータは、鋭利な爪先で四郎の体を切り刻むだけでは飽き足らず、タイマン勝負を捨て、地中からドクロタイプのザクを呼び出し攻撃させます。

一方の四郎は、プラモに対する情熱=プラモスピリットパワーを爆発させ、ドクロタイプのザクを一蹴。
その勢いのままガードスーツを粉砕しました。

四郎の活躍により、人質となっていた工場職員たちは解放され、メインコンピュータによる世界征服の野望は潰(つい)えたのです。

けれどもこの一件で、倉田はプラモシミュレーションマシーンを一時的に封印。
四郎はバトルができなくなってしまったものの、これからは戦うためではなく、人々に感動を与えるようなプラモ作りに励んでいくことを心に誓うのでした。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 機動戦士ガンダムは一度だけ「しゃべったこと」がある件
  2. コスモスストライカー…戦士たちの激闘の結末はどうなった?!
  3. キャプテンフューチャー…再放送に到るまでの長い封印の真実とは?!
  4. 漫画「機動警察パトレイバー」…最終回の気になるあらすじとは?!
  5. るろうに剣心…星霜編のラストは性病が原因で剣心と薫が死ぬ?!

関連記事

  1. 漫画

    六三四の剣…最終回は僅かの差で勝負が決する?!

    村上もとか氏による剣道漫画「六三四の剣」。6月…

  2. 漫画

    漫画「ハロー張りネズミ」の最終回は意外な展開だった?!

    弘兼憲史氏による漫画「ハロー張りネズミ」…東京都板…

  3. 漫画

    帯をギュッとね!…最終回で決着はつくのか?!

    河合克敏氏による柔道漫画「帯をギュッとね!」。…

  4. 漫画

    矢吹丈のモデルは「たこ八郎」だったの?!

    「週刊少年マガジン」に1969年から連載され、熱狂的なファンが生まれた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 名探偵コナンには「ピカソ君」のパクリ疑惑が出たことがある?!…
  2. ラーメン大好き小池さんの本名は「鈴木」だった?!
  3. タラちゃんの妹「フグ田ヒトデ」はオフィシャルで存在してる?!…
  4. 宇宙戦艦ヤマトと新スタートレックの意外な関係とは?!
  5. ゲゲゲの鬼太郎…ねずみ男の本名は「根頭見ペケペケ」?!
  6. ちびまる子ちゃん…おばあちゃんの名前はいつ発覚した?!
  7. アンパンマン…チーズの裏設定に衝撃を受ける?!
  8. ルパンと銭形警部の関係は東西京北大学の先輩後輩?!
  9. 次元大介…帽子はボルサリーノ製で素材はゾウアザラシの皮?!
  10. 峰不二子…スリーサイズがゾロ目の理由とは?!
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    ドラゴンボール…漫画の背表紙に描かれたキャラクターの謎とは?
  2. 漫画

    県立地球防衛軍…最終回は戦意喪失でクライマックス?!
  3. アニメ

    ラピュタのスタッフが制作したアダルトアニメが存在する?!
  4. 漫画

    代紋TAKE2…奇跡のタイミングで全面回収に?!
  5. 漫画

    「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争いとは?!
PAGE TOP