漫画

漂流教室…児童たちの生存競争を繰り広げる漫画の衝撃的な結末とは?!




楳図かずお氏による絶望の淵で繰り広げられる児童たちの生存競争を描く漫画「漂流教室」…
元の時代に戻る希望にすがる児童たちは、一体どのような結末を迎えるのでしょうか。

崩壊しかけたレジャーランドのコンピューターから、元の時代に戻る鍵は大和小学校にあると知った翔たち。
しかし、グループの抗争は極限に達し、児童たちは殺しあいを始めてしまいます。

そこで翔は未来へやってきた原因となる地震は、自分の仕業だと嘘を吐いてみんなを学校へおびき寄せます。
そして学校でみんなに捕まった翔は殺されそうになるのです。
しかし、身を挺して翔をかばった大友が真犯人は自分だと告白します。

強力なエネルギーを発生させ、時限の裂け目を生み出すことがコンピューターのはじき出した元の世界に帰れる方法でした。

大友はこの世界に来たきっかけとなる地震をダイナマイトで起こしました。
残るもう一本のダイナマイトを使い、過去への帰還を図ろうとするが失敗してしまいます。
落胆する翔でしたが、自分たちが未来に来たことそのものが意味があるのではないかと語り、みんなを説得します。

そんな彼らの前に過去の母から生活に必要な援助物質が届き、改めてこの世界で暮らしていくことを誓います。
しかし、巻き込まれてしまった幼稚園生のユウちゃんだけは元の世界に戻そうと、火山の大爆発を利用して再び過去へ送り届けようとします。
そしてそれは成功し、ユウちゃんは過去の世界へと戻るのです。
そしてユウちゃんからノートを手渡された翔の母は、ノートを読みながら未来の世界で元気にすごしている翔の姿を思い浮かべるのでした。

決してハッピーエンドではありませんが、過去と未来がつながるというSF的なギミックを感じさせるニクい終わり方ではないでしょうか。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 映画「スパルタの海 甦る子供たち」28年越しに全国ロードショー
  2. ルパン三世はカツラと取ったらスキンヘッド?!
  3. 七色いんこ…最終回で秘められたいんこの過去が明らかになる?!
  4. 「ルパン8世」という幻の漫画・アニメ作品がある?!
  5. かっこいいスキヤキ…青林堂が100万を払えずに円谷プロ激怒?!

関連記事

  1. 漫画

    「バリバリ伝説」の最終回はどんな話だったっけ?

    しげの秀一氏の「バリバリ伝説」は週刊少年マガジン(講談社)にて、198…

  2. 漫画

    ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!

    さいとう・たかを氏による「ゴルゴ13」…リイド社の単行…

  3. 漫画

    ドラえもんには「自動コジ機」という封印された道具がある?!

    1973年の「小学五年生」に掲載された「ドラえもん」には、描写がヤバす…

  4. 漫画

    ラッキーマン…最終回のあらすじってどうなるの?!

    ガモウひろし氏による少年向けヒーローギャグ漫画「とっても!ラッキーマン…

  5. 漫画

    漫画「火の玉ボーイ」…ラストでタマはどこへ向かうのか?!

    石渡治氏による漫画「火の玉ボーイ」…失踪した親父を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 沈黙の艦隊…軍事写真の著作権侵害問題とは?!
  2. 燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!
  4. 「キン肉マン」…ヤバすぎて封印されたエピソードとは?!
  5. ブラックジャックは感動作品ではなく恐怖コミックスだった?!
  6. 怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!
  7. 漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  8. 「狂人軍」…永久封印された理由とは?!
  9. 「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争い…
  10. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    オバケのQ太郎…昭和の超ヒット作が長期絶版になった謎とは?!
  2. 漫画

    ナルトとサスケの「最後の戦い」の持つ意味について
  3. アニメ

    子鹿物語…アニメのあらすじから予想だにしない衝撃のラスト?!
  4. 漫画

    バツ&テリー…最終回で大ピンチを迎えたバツ&テリーはどうなる?!
  5. アニメ

    「卓球のうまい妖精・アイちゃん」の声優が変更された理由とは?
PAGE TOP