漫画

パーマンには30年にわたって収録を見送られた話がある?!

実は連載が始まったばかりの頃の「パーマン」は、なかなか過激な表現が多く、あとで修正が入るケースが普通でした。
中でも、ストーリーが全編にわたって「過激すぎる」と判断され、コミックスには収録されなかったのが、1968年に発表された「くるわせ屋」です。

ストーリーは毒を塗った吹き矢を使い、狙った相手を自由に発狂させる殺し屋の話で、ボクサーやパイロットなど、様々な職種の人々が次から次へとおかしくなっていく描写が続く異色作です。
あまりにも極端な発狂の描写やセリフが問題となり、本作はおよそ30年にわたってコミックスへの収録を見送られました。

ところが、2010年の「藤子・F・不二雄大全集」についに「くるわせ屋」の再収録が決定…
多くのファンが喜んだものの、今度は大半のセリフに修正が入る事態となったのです。

一例を挙げると、
「気がちがったようです」→「何かあったのでしょうか」
「クルクルパーマン」→「ウヒャヒャー」
「頭にくる人が多い日だね」→「おかしくなる人が多い日だね」
など、あの手この手でヤバい表現の数々を変更…
コアなファンからは無念の声があがりました。

ちなみに、「パーマン」には他にもお蔵入りになったエピソードが多く、たとえば1960年代に発表された「怪獣さがし」では、アマゾンの奥地に入ったパーマンが人食い人種に襲われるシーンが問題となって、コミックスから削除されました。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 韓国が実写化した「北斗の拳」が酷すぎて逆にウケる件
  2. 名探偵コナンの時間経過はまだ半年?!
  3. ウルトラマン…あまりに悲劇的な話にプロデューサー激怒!
  4. 「8マン」の主題歌がカットされた理由とは?!
  5. 瀬戸朝香・井ノ原快彦の馴れ初めドラマが放送NGなワケとは?

関連記事

  1. 漫画

    聖闘士星矢には「のりピー語」を話すキャラがいた?!

    夜空に輝く「星座」をモチーフにした聖衣(クロス)を身にまとい、戦いの女…

  2. 漫画

    NARUTO(ナルト)…自来也の死にはどんな意味があったのか?

    うずまきナルトの名付け親であり、彼の師匠でもある自来也…彼はかつて…

  3. 漫画

    初期のアンパンマンはおじさんの切ないヒーロー物語だった?!

    「アンパンマン」は、やなせたかし氏が生み出した大人気キャラです。ア…

  4. 漫画

    NARUTO(ナルト)…ダンゾウと大蛇丸の関係性とは?

    木ノ葉隠れの里の暗部養成部門「根」創設者であるダンゾウは、うちはシスイ…

  5. 漫画

    ワンピース…「プルトン」について考察してみる!

    古代兵器プルトンに関する情報が数多く確認されたのが、「ウォーターセブン…

  6. 漫画

    北斗の拳の「死兆星」は実在する?!

    ご存知漫画「北斗の拳」といえば、核戦争後の世界を舞台に“北斗神拳”の伝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. カメレオン(漫画)には単行本未収録となった回がある!?
  2. 猿飛佐助(ドラマ)…最終回で太川陽介が撃たれて非難殺到?!
  3. 東方見聞録(映画)の事故で会社も倒産?!
  4. 代紋TAKE2…奇跡のタイミングで全面回収に?!
  5. パーマンには30年にわたって収録を見送られた話がある?!
  6. セーラームーン…アニメの最終回はトラウマ級の衝撃?!
  7. 風の谷のナウシカ…「巨神兵」は日本製だったの?!
  8. ドラゴンボール…漫画の背表紙に描かれたキャラクターの謎とは?…
  9. 国が燃える…南京大虐殺問題を描いて大炎上?!
  10. ウルトラ兄弟…ウルトラの父と母が生んだ息子はタロウだけ?!
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    波平は仕事場を左遷されたことがある?!
  2. 漫画

    インドネシアでは「ドラゴンボール43巻」が発売された?!
  3. アニメ

    日テレ版「ドラえもん」の黒歴史が凄い?!
  4. アニメ

    アニメの「初代ドラえもん」の声は完全にオッサンだった?!
  5. 漫画

    NARUTO(ナルト)…デイダラが意外と人気なのはなぜ?
PAGE TOP