漫画

パーマンには30年にわたって収録を見送られた話がある?!

実は連載が始まったばかりの頃の「パーマン」は、なかなか過激な表現が多く、あとで修正が入るケースが普通でした。
中でも、ストーリーが全編にわたって「過激すぎる」と判断され、コミックスには収録されなかったのが、1968年に発表された「くるわせ屋」です。

ストーリーは毒を塗った吹き矢を使い、狙った相手を自由に発狂させる殺し屋の話で、ボクサーやパイロットなど、様々な職種の人々が次から次へとおかしくなっていく描写が続く異色作です。
あまりにも極端な発狂の描写やセリフが問題となり、本作はおよそ30年にわたってコミックスへの収録を見送られました。

ところが、2010年の「藤子・F・不二雄大全集」についに「くるわせ屋」の再収録が決定…
多くのファンが喜んだものの、今度は大半のセリフに修正が入る事態となったのです。

一例を挙げると、
「気がちがったようです」→「何かあったのでしょうか」
「クルクルパーマン」→「ウヒャヒャー」
「頭にくる人が多い日だね」→「おかしくなる人が多い日だね」
など、あの手この手でヤバい表現の数々を変更…
コアなファンからは無念の声があがりました。

ちなみに、「パーマン」には他にもお蔵入りになったエピソードが多く、たとえば1960年代に発表された「怪獣さがし」では、アマゾンの奥地に入ったパーマンが人食い人種に襲われるシーンが問題となって、コミックスから削除されました。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. キャプテンフューチャー…再放送に到るまでの長い封印の真実とは?!
  2. 「ガキ帝国 悪たれ戦争」はモスバーガーの猛抗議でお蔵入り!
  3. ジャムおじさんとバタコさんは人間ではなかった件
  4. ルパン三世も「ツタンカーメン三千年の呪い」には敵わない?!
  5. ムーミン…核戦争の世界を表現しているというのは嘘ではない?!

関連記事

  1. 漫画

    「ドラえもん」がカタカナとひらがなで書かれた理由とは?

    「ドラえもん」といえば、連載が始まったときから「えもん」だけはひらがな…

  2. 漫画

    漫画「セニョール・パ」…野球を楽しむ名選手のラストはどうなる?!

    作画・かざま鋭二氏、原作・高橋三千綱氏による漫画「…

  3. 漫画

    漫画「鉄腕アトム」の最終回は作者も嫌がる話だった件

    手塚治虫氏の名作「鉄腕アトム」の最終回といえば、アトムが太陽に突っ込む…

  4. 漫画

    伊佐坂先生は「ヒロポン」に手を出していた?!

    ご存じ1969年にスタートした「サザエさん」は、長い人気を誇る国民的ア…

  5. 漫画

    ジャングル大帝…原作のラストはトラウマ級だった件

    「鉄腕アトム」とならぶ手塚治虫氏の代表作の一つ「ジャングル大帝」……

  6. 漫画

    ワイルド7…ハリウッド映画をも超える衝撃の最終回とは?!

    望月三起也氏によるマンガ「ワイルド7」…謎の占い師が告げた不吉な予…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 妖怪ウォッチ…謎に包まれていた39話の放送休止の理由が明らか…
  2. ジャストミート…この漫画の最終回はどうなった?!
  3. BE FREE!…気になる最終回のあらすじとは?!
  4. オバケのQ太郎…昭和の超ヒット作が長期絶版になった謎とは?!…
  5. ポケモン…封印作品となった38話と幻の4話分の真相とは?!
  6. 踊るトラ猫の漫画「ホワッツマイケル」の最終回はどうなる?!
  7. ラブ&ファイヤー…勝負の行方がきになる結末はどうなる?!
  8. BANANA FISH…最終回の意外なあらすじとは?!
  9. すもも…働き小僧との楽しい日々はどうなる?!
  10. ズバ蛮…すべての謎が明らかとなる衝撃の結末とは?!
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    マスオさん…原作ではヨボヨボの老人として描かれていた?!
  2. 漫画

    パーマン…正体がバレるとバードマンに〇〇される?!
  3. 漫画

    ドラえもんの体内にあった「原子炉」が消えた件
  4. 漫画

    踊るトラ猫の漫画「ホワッツマイケル」の最終回はどうなる?!
  5. アニメ

    ポケモン…封印作品となった38話と幻の4話分の真相とは?!
PAGE TOP