アニメ

日テレ版「ドラえもん」の黒歴史が凄い?!




Sponsored Links

藤子・F・不二雄の代表作である「ドラえもん」。
テレビ朝日で第1回のアニメ版が放送されたのは1979年4月…
当初は月~土曜日に放送される10分間の帯番組として始まり、実に37年も続く、国民的長寿アニメとなりました。

しかし、テレビ朝日のアニメ版が放送される6年前の1973年に、日本テレビでもアニメ「ドラえもん」を放送していたことを知る人は少ないでしょう。

YouTubeなどの動画投稿サイトで、日テレ版のオープニングを見ることができるのですが、主題歌の趣は全く異なるのです。
ムード歌謡風のBGMにこぷしの利いた女性ボーカル…
最後に「ハァ!ヤッショマカショ!」と掛け声が入り、「♪ホイきたサッサのドラえもん」でしめる部分はまるで演歌です。

もちろん声優も違いました。
長らく続いた大山のぶ代の声の印象が強いドラえもんですが、日テレ版は、「平成天才バカボン」のバカボンのパパ役の富田耕生…
なんと男性が演じていたのです。

他のキャラクターの配役をみると、テレ朝版の声優が、こちらでは違う役柄で出演しているのも面白いものでした。
テレ朝版でのび太を演じた小原乃梨子は、日テレ版ではのび太のママ…
スネ夫役の肝付兼太はなんとジャイアン…
のび太役の太田淑子は、ドラえもんを過去に送ったセワシ…
まるで、パラレルワールドのようだったのです。

また、原作では、作者が「いなかったことにしている」幻のキャラクター”ガチャ子“がレギュラーになっていたり、ジャイアンの母親が、すでに亡くなっていたりとオリジナルの設定が多くなっています。

日テレ版が放送された1973年は、「ドラえもん」の漫画連載が小学館の学年誌でスタートして3年目…
知名度はまだ低かったのですが、期待はされていたようで、放送時間は裏番組に永井豪の「マジンガーZ」(フジテレビ系)があった日曜の夜7時でした。
しかし、その牙城を崩すことはできず、視聴率は5~10%と苦戦したのです。

そこで、途中からドラえもんの声優を、「ドラゴンボール」の孫悟空役でおなじみの野沢雅子に変更…
作者が「いなかったことにしている」幻のキャラクター・ガチャ子がドラえもんのライバルとしてレギュラー登場するなどのテコ入れが加えられましたが、視聴率が好転することはなく、1973年9月に終了したのです。

たった半年で終了する残念な結果に終わった日テレ版ですが、その壮絶な鐸台裏が関係者の証言で明らかになっています。
そもそも、アニメ化のきっかけは、日本テレビが新潟のアニメ制作会社「日本テレビ動画」に仕事を振る企画をつくるため、小学館にアニ
メ化できる原作の推薦を依頼したことだったといいます。

しかし、この日本テレビ動画は非常にきなくさい会社でした。
社長の新倉雅美が、前身の「東京テレビ動画」時代に社運をかけたアニメ映画制作で大失敗し、多額の負債を抱えたまま新潟に拠点を移し、新たに立ち上げた企業であったのです。

けれども、そんなことは露ほども知らない当時の藤子・F・不二雄は、「オバケのQ太郎」以来、長らくヒットを生み出すことができず、アニメ化の話をチャンスとみていました。
多くの制作用の資料を提供するなど、労力を惜しまなかったといいます。

しかし、アニメの視聴率は伸び悩み、終了直前の8月中旬に社長の新倉雅美が失踪してしまいます。
この噂が広まって現場は大混乱…
残された日本テレビ動画の関係者は、「入金の保証がないと納品できない」という下請けと、「絶対に放送に穴を空けないでくれ」というテレビ局との板挟みの中、なんとか最終回までこぎつけたといいます。

多くの未払い金を残したまま、最終回放送日と同日の9月30日に日本テレビ動画は解散しました。
その後、1979年4月にテレ朝版が始まり、大人気となったのは周知の通りですが、放送開始後すぐに騒動が起きています。

富山テレビが日テレ版「ドラえもん」を再放送し、これを知った藤子・F・不二雄が激怒…
小学館と連名で抗議して、わずか9回で放送をやめさせたのです。
制作会社がなくなった後も、日テレ版は、地方局で何度か再放送されていましたが、富山テレビの放送は時期が悪かったといえるでしょう。

テレ朝版が開始して間もない頃で、なんとしてもテレ朝版を成功させたかった藤子・F・不二雄は、声優や世界観が異なるうえ、現場が大混乱に陥った日テレ版を世間の目に触れさせたくなかったのでしょう。

以後、日テレ版の再放送はなく、ソフト化される可能性もない封印作品となったのです。
ちなみに、失踪した元日本テレビ動画社長の新倉のその後ですが、フィリピンに渡って映画制作事業を起こそうとしてうまくいかず、1986年、拳銃密に関わって逮捕されました。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. ハイジのおじいさんは過去に人を殺していた?!
  2. プレイボール(漫画)…最終回の意外なあらすじとは?
  3. 仮面ライダーX…視聴率挽回のためにヒロインが急死?!
  4. 台湾版「ドラえもん」が人気の理由は何だったのか?!
  5. 西部警察2003…池田努が事故を起こしてドラマはお蔵入り!?

関連記事

  1. アニメ

    ちびまる子ちゃん…未収録回「まる子、夢について考える」が衝撃?!

    一般的には、ほのぼのしたイメージが強い「ちびまる子ちゃん」ですが……

  2. アニメ

    ムーミンの初期アニメがお蔵入りなってしまった驚きの理由とは?!

    1969年からフジテレビ系列で放送がスタートした「ムーミン」は、フィン…

  3. アニメ

    ガンバの冒険…ノロイが怖すぎてトラウマになる件

    今でもアニメを見たことのある人ならば「ガンバ、ガンバ、ガンバと仲間たち…

  4. アニメ

    「8マン」の主題歌がカットされた理由とは?!

    1963年に週刊少年マガジンで連載が始まった「8(エイト)マン」は、ロ…

  5. アニメ

    ポケモン…封印作品となった38話と幻の4話分の真相とは?!

    今や世界中で大人気を誇っている「ポケモン」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 漂流教室…児童たちの生存競争を繰り広げる漫画の衝撃的な結末と…
  2. 男坂…最終回が未完となっている理由とは?!
  3. コータローまかりとおる!…最終回では驚くべき展開が?!
  4. サザエさんのパロディ漫画で最強著作権チームが動いた?!
  5. バツ&テリー…最終回で大ピンチを迎えたバツ&テリー…
  6. 胸キュン刑事…最終回はハッピーエンド?!
  7. わたるがぴゅん!…予想を裏切る最終回の展開とは?!
  8. 妖怪ウォッチ…謎に包まれていた39話の放送休止の理由が明らか…
  9. ジャストミート…この漫画の最終回はどうなった?!
  10. BE FREE!…気になる最終回のあらすじとは?!
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    サザエさん…磯野家に82回も泥棒が入った理由とは?
  2. 漫画

    ズバ蛮…すべての謎が明らかとなる衝撃の結末とは?!
  3. アニメ

    鎧伝サムライトルーパーは第17話が2週連続で放送されたことがある?!
  4. 映画

    映画「スパルタの海 甦る子供たち」28年越しに全国ロードショー
  5. 映画

    映画「コンクリート」…当然のように批判殺到で公開中止?!
PAGE TOP