ドラマ

猿飛佐助(ドラマ)…最終回で太川陽介が撃たれて非難殺到?!

あまり一般には知られていませんが、映画やドラマのアクションヒーローもので、特撮や殺陣(たて)と並んで重要な仕事に、「弾着(だんちゃく)」というものがあります。
銃撃戦の場面で、発砲した際の砲煙や弾が当たった煙などを演出する職種のことです。
良い弾着は場面を盛り上げ、作品自体の質まで左右することもあると言われています。

しかし、過去にはこの弾着があまりに張り切ってしまったために、番組自体が再放送自粛に追い込まれてしまった例があるのです。
それこそ1980年に日本テレビ系で放送された「猿飛佐助」なのです。

当時、人気絶頂であったアイドルの太川陽介さんを主演に迎え、徳川軍と戦う真田十勇士の活躍を描いた時代劇アクションドラマでした。
視聴率は苦戦したものの、評価はまずまずのドラマだったのです。

クライマックスに用意される忍術を使った特撮やアクションの見せ場が売りだったのですが、回が進みいよいよ最終回というとき、問題が起こりました。

物語の最終場面…
宿敵の服部半蔵を倒した後、徳川家康の鉄砲隊に主人公の猿飛佐助が撃ち殺されるシーンが訪れました。

罠にかかった佐助に対して鉄砲隊が一斉射撃をしかけるのですが、そこで主人公を演じる太川陽介さんは文字通り蜂の巣となって、これでもかというほどの「血まみれぽろ雑巾状態」で絶命をするのです。

「弾着」の演出として最高の出来栄えだったのですが、人気アイドルの惨殺シーンは視聴者に強烈なショックを与え、抗議の電話と手紙が殺到…
結果、日本テレピは「猿飛佐助」を再放送自粛リストに加えてしまったといいます。

ちなみに制作会社だった国際 放映の弾着部門は、「とかくやりすぎる」という定評があったといいますが…
その後「猿飛佐助」がDVD化され、CSでの再放送にこぎつけたのは、実に放送から25年後の2005年になってからだったのです。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 沈黙の艦隊…軍事写真の著作権侵害問題とは?!
  2. 「ドラミちゃん」はドラえもんの彼女役だった?!
  3. クレヨンしんちゃん…原作が下ネタだらけでアニメは放送自粛?!
  4. 怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!
  5. 悟空は「オッス!オラ悟空!」と一度も言ったことがない件

関連記事

  1. ドラマ

    あぶない刑事(ドラマ)…今では再放送できない回がある?!

    今でもお洒落エリアとして名高い横浜…そんな横浜のベイエリアを舞台に…

  2. ドラマ

    「相棒」にも放送禁止回があった件

    Sponsored Links特番枠での放…

  3. ドラマ

    ドラマ「太陽にほえろ!」放送禁止の放送禁止となった本当の理由とは?!

    1972年7月21日〜1986年11月14日まで、日本テレビ系列で放送…

  4. ドラマ

    ドラマ「ギフト」のDVDが発売されない理由とは?

    1990年代末期から2000年にかけては、木村拓哉主演のいわゆる"キム…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 沈黙の艦隊…軍事写真の著作権侵害問題とは?!
  2. 燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!
  4. 「キン肉マン」…ヤバすぎて封印されたエピソードとは?!
  5. ブラックジャックは感動作品ではなく恐怖コミックスだった?!
  6. 怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!
  7. 漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  8. 「狂人軍」…永久封印された理由とは?!
  9. 「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争い…
  10. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    名探偵コナンの時間経過はまだ半年?!
  2. 漫画

    燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. アニメ

    ムーミン…核戦争の世界を表現しているというのは嘘ではない?!
  4. 漫画

    かっこいいスキヤキ…青林堂が100万を払えずに円谷プロ激怒?!
  5. 漫画

    サザエさん…伊佐坂先生は2人いるって本当?!
PAGE TOP