ドラマ

山下清(芦屋雁之助)放浪記には幻の最終回があった?!




Sponsored Links

「ぼ、ぼ、僕はおむすびが食べたいんだな」という名セリフを振りまきながら、坊主頭にランニングシャツという出で立ちの中年男性が全国を巡り、各所でハートウォーミングな騒ぎを巻き起こしながら美しい絵画を描いてまわる…
そんなおとぎ話のような作風で知られる1980年開始の人気ドラマ「裸の大将放浪記」です。

同作の主人公は、“日本のゴッホ”と呼ばれたサヴァン症候群の天才画家・山下清…
“個性の塊”を演じたのは、「見た目が似ているから」との理由で抜擢された名優・芦屋雁之助でした。

未だにお笑い芸人の「ドランク・ドラゴン」の塚地武雅が清を演じる続編がつくられるなど人気の作品ですが、実は雁之助版「裸の大将放浪記」には清が死ぬ最終回(第13話)が存在したのです。

それは「清が富士山に登る途中で力尽きて死んでしまう」という内容で、清の実際の命日である1971年7月12日(享年49歳)に近い1983年7月10日にオンエアされました。

本来ならば、この回をもって同シリーズは終了となるはずだったのですが、番組は制作陣の予想以上に人気が出てしまい、局では雁之助続投による番組再開の気運が高まったのです。

雁之助は「山下清」のイメージが定着するのを嫌い、「いい歳こいて裸になるのもつらい」とオファーを断り続けましたが、先輩俳優・宇野重吉の「役者として、当たり役が持てるのは幸せなこと」という忠告もあり、再び山下清を演じることを決意…
番組は83話まで続く国民的ドラマとなったのです。

そんな人気ドラマであるだけに、清が死んでしまっては続行不能という理由で、第13話は「なかったこと」にされました。
サンテレビでの再放送では第13話の放送はなく、発売されたビデオ全集にも未収録だったのです。
しかし、現在この幻の最終回は、DVDセットに映像特典として収録され、封印は解禁となりファンを喜ばせました。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. ワンピース…「D」の名前を持つ9人とその意味とは?
  2. マカロニほうれん荘…最終回の意外なあらすじとは?!
  3. つる姫じゃ〜っ!…気になる最終回とは?!
  4. 行け!稲中卓球部…最終回は思い出話で幕を閉じる?!
  5. 「相棒」にも放送禁止回があった件

関連記事

  1. ドラマ

    ドラマ「スーパーポリス」は視聴率低迷で打ち切り!

    視聴率の問題によって放送打ち切りになってしまう作品は数多く存在します。…

  2. ドラマ

    ドラマ「太陽にほえろ!」放送禁止の放送禁止となった本当の理由とは?!

    1972年7月21日〜1986年11月14日まで、日本テレビ系列で放送…

  3. ドラマ

    ドラマ「ギフト」のDVDが発売されない理由とは?

    1990年代末期から2000年にかけては、木村拓哉主演のいわゆる"キム…

  4. ドラマ

    西部警察2003…池田努が事故を起こしてドラマはお蔵入り!?

    PARTⅡ・PARTⅢと高視聴率を誇った「大都会シリーズ」に続いて、石…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 名探偵コナンには「ピカソ君」のパクリ疑惑が出たことがある?!…
  2. ラーメン大好き小池さんの本名は「鈴木」だった?!
  3. タラちゃんの妹「フグ田ヒトデ」はオフィシャルで存在してる?!…
  4. 宇宙戦艦ヤマトと新スタートレックの意外な関係とは?!
  5. ゲゲゲの鬼太郎…ねずみ男の本名は「根頭見ペケペケ」?!
  6. ちびまる子ちゃん…おばあちゃんの名前はいつ発覚した?!
  7. アンパンマン…チーズの裏設定に衝撃を受ける?!
  8. ルパンと銭形警部の関係は東西京北大学の先輩後輩?!
  9. 次元大介…帽子はボルサリーノ製で素材はゾウアザラシの皮?!
  10. 峰不二子…スリーサイズがゾロ目の理由とは?!
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    漫画「らんま1/2」…気になる最終回のあらすじとは?!
  2. 特撮

    恐怖劇場アンバランスの「手鞠唄」がヤバすぎる件
  3. 漫画

    俺は鉄兵…気になるラストは広美が大活躍?!
  4. 漫画

    漫画「スーパーくいしん坊」の最終回はどんな料理を作った?!
  5. 漫画

    イレブン…続きが気になる最終回のあらすじとは?!
PAGE TOP