漫画

鉄腕アトムには「アトム二世」という衝撃の迷作がある?!

大ヒット作「鉄腕アトム」は、連載期間が長かったため、いくつかのスピンオフ作品が存在しています。
そのいくつかは手塚治虫氏が自由に描いており、本家「鉄腕アトム」のイメージを大きく裏切るような作品も少なくありません。

中でも有名なのが、「アトム二世」を描いたという作品です。
この作品は「鉄腕アトム」の意外すぎる後日談を描いた1975年のエピソードです。

本作は、アニメ版の最終回でアトムが太陽に飛び込んで死んだ後の世界を描いたものでした。
日本政府が後継機の製作をお茶の水博士に頼み込むところからストーリーは始まります。

依頼を引き受けた博士は、さらに完成度の高い「アトムの息子」を作ることを決意…
「人間らしさ」の回路をつけ加えた完璧なロボットを作り上げたのです。

ところが、この努力は、完全に裏目に出てしまいます。
人間らしさを追求し過ぎたため、完成したアトム二世は、どうにもならないダメロボットだったのです。

朝から晩までテレビを見続け、たまに外に出れば女を引っかけてラブホテルへ…
デモや暴動にも手を出さず、自殺者も見殺しにするありさまでした。

しまいには、政府が開発した核兵器を盗んで大量のロボットを製造…
これを各国に売り渡して荒かせぎを始めたため、最後はボロボロの姿で背任横領罪で捕まってしまうのです。

無精ひげで手錠をかけられたアトムの姿には、正義の味方だったころの面影はありません。
案の定、ファンからも総スカンをくった迷作でした。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. ドラえもん…129.3の由来は作者の思いが込められている?!
  2. 木村拓哉…ドラマ「プライド」で事故を起こしていた?!
  3. 「ドキンちゃん」と「しょくぱんまん」が結ばれない理由とは?
  4. ショムニ(映画版)は高島礼子が主演など大コケ?!
  5. 風の谷のナウシカのアメリカ版タイトルは「風の戦士たち」?!

関連記事

  1. 漫画

    ワイルド7…ハリウッド映画をも超える衝撃の最終回とは?!

    望月三起也氏によるマンガ「ワイルド7」…謎の占い師が告げた不吉な予…

  2. 漫画

    伊佐坂先生は「ヒロポン」に手を出していた?!

    ご存じ1969年にスタートした「サザエさん」は、長い人気を誇る国民的ア…

  3. アニメ

    ドラゴンボール…漫画ドラゴンボールAFなど海外の人気は凄まじい?!

    日本を代表する国民的漫画の一つ「ドラゴンボール」。…

  4. 漫画

    あんみつ姫…人種差別を助長すると抗議を受けたことがある?!

    「あんみつ姫」は、作者・倉金章介氏によって1949年から雑誌「少女」で…

  5. 漫画

    ドラえもん第1話「未来の国からはるばると」が封印された理由とは?

    1969年に連載がスタートしたドラえもん」の第1話は、「未来の国からは…

  6. 漫画

    漫画「右曲がりのダンディー」…気になる最終回のあらすじとは?!

    末松正博氏による漫画「右曲がりのダンディー」…この…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 名探偵コナンには「ピカソ君」のパクリ疑惑が出たことがある?!…
  2. ラーメン大好き小池さんの本名は「鈴木」だった?!
  3. タラちゃんの妹「フグ田ヒトデ」はオフィシャルで存在してる?!…
  4. 宇宙戦艦ヤマトと新スタートレックの意外な関係とは?!
  5. ゲゲゲの鬼太郎…ねずみ男の本名は「根頭見ペケペケ」?!
  6. ちびまる子ちゃん…おばあちゃんの名前はいつ発覚した?!
  7. アンパンマン…チーズの裏設定に衝撃を受ける?!
  8. ルパンと銭形警部の関係は東西京北大学の先輩後輩?!
  9. 次元大介…帽子はボルサリーノ製で素材はゾウアザラシの皮?!
  10. 峰不二子…スリーサイズがゾロ目の理由とは?!
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 映画

    風の谷のナウシカのアメリカ版タイトルは「風の戦士たち」?!
  2. 漫画

    行け!稲中卓球部…最終回は思い出話で幕を閉じる?!
  3. 漫画

    名門!多古西応援団…最終回は勧善懲悪なクライマックス?!
  4. 漫画

    ルパン三世…最初に検討していた髪型は長髪スタイルだった?!
  5. 漫画

    漫画「沈黙の艦隊」…最終回は瀬戸内海の小島で幕を閉じる?!
PAGE TOP