漫画

サザエさんのパロディ漫画で最強著作権チームが動いた?!




お茶の間でも大人気、長期にわたり多くの人に愛されている漫画といえば、「サザエさん」…
しかし、その人気が故に、多くの海賊版や無許可のグッズ販売などに悩まされているのです。

原作者の長谷川氏が「サザエさんうちあけ話」にて、「サザエさんの単行本をコピーした、いわゆる海賊版が国内に出回っていた」と語っており、発行元の姉妹社に損害が起きていたという事件も。
無許可でキャラクター画を使用した「サザエさんバス事件」以後、本作は他の作品以上に版権管理が厳しくなり、版権を管理する長谷川町子美術館に画像使用許可などを申請しても門前払いされていた時期がありました。

また、直木賞候補作家が原案のパロディ4コマ漫画も最強著作権チームによって、封印されていたのです…
「サザエさん」をパロディにした4コマ漫画が存在するのをご存知でしょうか?

その題名も「サザエさま」。

掲載したのは「東京25時」(アグレマン社)というタウン誌で、こつこつ広告を集めては、知り合いに安い原稿料で執筆してもらうという同人誌感覚の雑誌でした。

それが1970年末、長谷川町子氏が経営する姉妹社(現・長谷川町子美術館)の弁護士から著作権法違反、名誉毀損を訴える内容証明が送られ「100万円を払え」
と問答無用に突きつけられることになりました。

この「サザエさま」で荒稼ぎしたのならまだしも、掲載したのは少部数のタウン誌。
知的所有権の意識が高くなった現在でも、せいぜい自主回収とお詫び文で解決できた案件でしょう。

ところが姉妹社は「50万円」への減額と分割支払いを容認しただけで、この弱小出版社からきっちり全額を回収したといいます。

長谷川町子サイドが厳しい対応をしたのは、「サザエさま」の内容が悪質だったからではありません。

戦後の混乱期にかけ、爆発的な人気を誇った「サザエさん」は、常に海賊版や無許可のグッズ販売に悩まされてきました。
そこで長谷川氏は、1970年になると権利関係を管理する姉妹社に著作権の専門家を集めました。

実際、姉妹社は、同年に著作権法違反の先駆的訴訟となった「サザエさんバス事件」でも勝訴します(1975年判決)。
運が悪いことに、この時代の最強著作権チームに、「サザエさま」は見つかってしまったわけです。

現在でも「サザエさん」が人気を誇っているのは、長谷川町子と姉妹社が、いち早くそのプランドイメージの価値に気づき、保持した結果といえるでしょう。
今でも著作権を継承した長谷川町子美術館の著作権絡みの対処はディズニー並みといわれています。

そのテストケースになってしまった「サザエさま」ですが、この作品の原案は、騒動の5年後に「スローなブギにしてくれ」(角川書店)で直木賞候補になった人気作家の片岡義男なのです。

人気作家の有名になる前の「パロディ作」。
読んでみたいところですが、残念ながら、この「お宝」作品が日の目をみることはないでしょう。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 漂流教室…児童たちの生存競争を繰り広げる漫画の衝撃的な結末とは?!
  2. ハイジのおじいさんは過去に人を殺していた?!
  3. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体験によるものだった?…
  4. 魔少年ビーティー…最終話でもビューティーの毒に魅了されてしまう?!
  5. ドラゴンボールZ…エンディング曲を逆再生すると聞こえてくるのは…

関連記事

  1. 漫画

    サザエさん…伊佐坂先生は2人いるって本当?!

    「サザエさん」の磯野家が住む家の隣には、伊佐坂先生という男性が住んでい…

  2. 漫画

    世界を分断する「グランドライン」と「レッドライン」

    漫画「ONE PIECE」の古代兵器は全てがギリシア神話の神をモデルに…

  3. 漫画

    カメレオン(漫画)には単行本未収録となった回がある!?

    約10年にわたり1990年から「週刊少年マガジン」で連載されたヤンキー…

  4. 漫画

    ワンピース…巨人族でなくとも巨人並みの身長のキャラがいる件

    緻密に構築された「ONE PIECE」の世界観の中で、人種は大きな意味…

  5. 漫画

    元々ドラゴンボールには「セル編」の予定はなかった?!

    大人気漫画「ドラゴンボール」には、セルという強敵が登場します。3つ…

  6. 漫画

    はいからさんが通る…最終回はついに2人が結ばれる?!

    大和和紀氏による漫画、「はいからさんが通る」……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 沈黙の艦隊…軍事写真の著作権侵害問題とは?!
  2. 燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!
  4. 「キン肉マン」…ヤバすぎて封印されたエピソードとは?!
  5. ブラックジャックは感動作品ではなく恐怖コミックスだった?!
  6. 怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!
  7. 漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  8. 「狂人軍」…永久封印された理由とは?!
  9. 「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争い…
  10. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 特撮

    東映の「スパイダーマン」をマーベルはどう感じているのか?
  2. 漫画

    漫画「アシュラ」…結末まで完全版がリリースされない理由とは?!
  3. 特撮

    ウルトラマン…あまりに悲劇的な話にプロデューサー激怒!
  4. アニメ

    ジャイ子の本名が明かされない理由とは?
  5. 漫画

    ワンピース…「プルトン」について考察してみる!
PAGE TOP