アニメ

バカボンのパパ…天才だったのにバカになった3つの設定とは?!




赤塚不二夫氏のギャグ漫画「天才バカボン」。
その主人公で、バカボンとハジメの父であるバカボンのパパ。

破天荒な性格でいつもユニークな行動をするバカボンのパパ。
けれども、バカボンのパパは、「生まれたときからバカだったのか?」というと実はそうではありません。

バカボンのパパは3年3カ月かけて誕生し、生まれてすぐに歩くことも話すこともできるほどの天才児でした。
周囲の人々から神童とほめ称えられるほどだったのですが、あることがきっかけでバカになってしまうのです。

そのきっかけは、原作とアニメで少し違います。

原作ではパパが道を歩いている時にくしゃみをしてしまい、その勢いで頭のネジが外れてしまうのです。
それ以降、「もう天才はやめるのだ」と言ってバカになるという設定。

1971年から放送されたアニメの第1作では、交通事故に遭った衝撃で、パパの口から脳味噌が飛び出してしまいます。

その時、ちょうど通りかかった馬がパパの脳味噌を飲み込んでしまい、それと同時に馬の脳味噌が飛び出します。
それをパパが飲み込み、馬の脳味噌とバカボンのパパの脳味噌が入れ替わってしまったために、バカになってしまうという設定なのです。

1975年から放送されたアニメ第2作では馬に蹴飛ばされて、そのショックで脳味噌の歯車が壊れてバカになるという設定になっています。

実はバカボンのパパは、天才だったのにバカになった理由は、こうした3つの設定があったのです。
ただ、どの設定であっても、ハジメちゃんという天才を生むDNAをパパが持っていたことに変わりはありません。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 機動戦士Zガンダムの最終回は主人公が発狂してエンディング?!
  2. ドラゴンボールZ…エンディング曲を逆再生すると聞こえてくるのは…
  3. サザエさんの「ひょうりゅう記」が封印されたワケとは?
  4. 徳川女刑罰絵巻牛裂きの刑…グロテスクであり衝撃的なあらすじとは?!
  5. ジブリの裏話…宮崎駿の意図がそこにあったのか?!

関連記事

  1. アニメ

    BE FREE!…気になる最終回のあらすじとは?!

    江川達也氏による漫画「BE FREE!」…壱河…

  2. 漫画

    インドネシアでは「ドラゴンボール43巻」が発売された?!

    週刊少年ジャンプで「ドラゴンボール」の連載が終わったのは1995年のこ…

  3. アニメ

    バカボンのパパの仕事は「植木屋」だった件

    2008年に亡くなったギャグ漫画の巨匠・赤塚不二夫…

  4. 漫画

    男どアホウ甲子園…甲子園の一直線な野球人生を描く最終回とは?!

    原作は佐々木守氏、作画は水島新司氏による漫画作品「…

  5. 漫画

    こち亀…初期は未収録となるほどひどいものだった?!

    秋本治氏による漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 名探偵コナンには「ピカソ君」のパクリ疑惑が出たことがある?!…
  2. ラーメン大好き小池さんの本名は「鈴木」だった?!
  3. タラちゃんの妹「フグ田ヒトデ」はオフィシャルで存在してる?!…
  4. 宇宙戦艦ヤマトと新スタートレックの意外な関係とは?!
  5. ゲゲゲの鬼太郎…ねずみ男の本名は「根頭見ペケペケ」?!
  6. ちびまる子ちゃん…おばあちゃんの名前はいつ発覚した?!
  7. アンパンマン…チーズの裏設定に衝撃を受ける?!
  8. ルパンと銭形警部の関係は東西京北大学の先輩後輩?!
  9. 次元大介…帽子はボルサリーノ製で素材はゾウアザラシの皮?!
  10. 峰不二子…スリーサイズがゾロ目の理由とは?!
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    「ルパン8世」という幻の漫画・アニメ作品がある?!
  2. アニメ

    なるたる…オープニング曲の歌詞には驚くべき意味があった?!
  3. 漫画

    台湾版「ドラえもん」が人気の理由は何だったのか?!
  4. 漫画

    代紋TAKE2…奇跡のタイミングで全面回収に?!
  5. アニメ

    シティーハンター…オウム真理教のサブリミナル演出はお遊び?!
PAGE TOP