映画

映画「ノストラダムスの大予言」は新人類でお蔵入り?!




Sponsored Links

1974年に公開された「ノストラダムスの大予言」は東宝の大作路線映画の一つでした。
五島勉のベストセラーで、占星術師のノストラダムスの「予言集」を独自に解釈した「ノストラダムスの大予言」を下敷きに(あくまでも下敷き程度)、人類滅亡の未来図を東宝伝統の特撮映像と由美かおるのヌード、そして丹波哲郎の演説で表現したSF超大作です。

過剰な表現が多発するのですが、物議を醸したのが、ニューギニアの原住民が凶暴化して食人鬼と化すシーンや、放射能の影響で異形化した新人類たち…
特に新人類のビジュアルについては上映直後から被ばく者団体などから抗議を受けましたが、該当シーンを削除じて上映を継続、1974年の邦画部門の興行収入2位を記録する大ヒットとなったのです。

1980年に一部のシーンが修正されたバージョンで1度だけテレビ放送され、1986年には2カ所のシーンをカットしたビデオとレーザーディスクの発売が告知されましたが、東宝社内から反対の声があがり販売中止となってしまいます。

そのまま封印作品となっていましたが、1995年にアメリカでビデオとレーザーディスクが発売…
これは英語吹き替え版のうえ、修正・編集されたバージョンで才リジナルとは若干異なる作品でした。

さらに状況が変わったのは1998年…
突如、グリフォン社というメーカーから音声だけを収録したドラマCDが発売され、その後、画面にタイムコードの入った比較的画質の良い海賊版ビデオが出回るようになったのです。
あまりにもタイミングがよく、海賊版流通とグリフォン社との関係性が噂されました。

現在、テレビ放映版、アメリカ版、海賊版と3種類が出回っているとされていますが、未だに正規のソフト化はされていません。
近年になってソフト化が実現される作品が多い中、海賊版しか出回っていないとは、さすが封印映画の代表作というところでしょうか。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 帯をギュッとね!…最終回で決着はつくのか?!
  2. 映画「靖国 YASUKUNI」…上映中止に追い込まれたその理由とは?!
  3. ブラック・エンジェルズ…最終回はこんな終わり方だった?!
  4. 星一徹(巨人の星)は二度死ぬ!?
  5. ナルトとサスケの「最後の戦い」の持つ意味について

関連記事

  1. 映画

    映画ドラえもんは藤子・F・不二雄のコンセプトからズレてた?!

    藤子・F・不二雄氏の名作「ドラえもん」。今や日…

  2. 映画

    1974年公開の「従軍慰安婦」が封印作品となった本当の理由とは?!

    原作・千田夏光氏による1974年の日本映画「従軍慰安婦」……

  3. 映画

    ショムニ(映画版)は高島礼子が主演など大コケ?!

    1998年から放送開始された大ヒットドラマ「ショムニ」でおなじみの「江…

  4. 映画

    塔の上のラプンツェル…原作は全く違う恐ろしいものだった?!

    2011年に公開されたディズニー映画「塔の上のラプンツエル」。女ゴ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 名探偵コナンには「ピカソ君」のパクリ疑惑が出たことがある?!…
  2. ラーメン大好き小池さんの本名は「鈴木」だった?!
  3. タラちゃんの妹「フグ田ヒトデ」はオフィシャルで存在してる?!…
  4. 宇宙戦艦ヤマトと新スタートレックの意外な関係とは?!
  5. ゲゲゲの鬼太郎…ねずみ男の本名は「根頭見ペケペケ」?!
  6. ちびまる子ちゃん…おばあちゃんの名前はいつ発覚した?!
  7. アンパンマン…チーズの裏設定に衝撃を受ける?!
  8. ルパンと銭形警部の関係は東西京北大学の先輩後輩?!
  9. 次元大介…帽子はボルサリーノ製で素材はゾウアザラシの皮?!
  10. 峰不二子…スリーサイズがゾロ目の理由とは?!
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    ズバ蛮…すべての謎が明らかとなる衝撃の結末とは?!
  2. 漫画

    「すすめ!!パイレーツ」…最終回でパイレーツはどうなるのか?!
  3. 漫画

    オバケのQ太郎…昭和の超ヒット作が長期絶版になった謎とは?!
  4. 映画

    映画「バラ色の青春」…時を経て再発見されたカルト映画の内容とは?!
  5. 漫画

    つる姫じゃ〜っ!…気になる最終回とは?!
PAGE TOP