ドラマ

ドラマ「太陽にほえろ!」放送禁止の放送禁止となった本当の理由とは?!

1972年7月21日〜1986年11月14日まで、日本テレビ系列で放送された全718話の超大作・刑事ドラマ「太陽にほえろ!」…

1972年の放送開始当時、銀幕スターとして映画を中心に活躍していた石原裕次郎をメインキャストに起用した本作「太陽にほえろ!」ですが、超大作でありながら、放送禁止となったエピソードが数多く存在していることをご存知でしょうか。

長髪にジーンズや革ジャンなどの若者ファッションに身を包み、乱暴な言葉遣いをするかっこいい若手刑事がド派手に立ち回るという物語は従来の刑事ドラマの概念を覆し大ヒット。
まさに刑事ドラマに”革命”を起こしました。

キャスト陣は豪華絢爛。
ショーケンこと萩原健一演じるマカロニ刑事、その後を引き継いだ松田優作演じるジーパン刑事、その他にも沖雅也、世良公則、三田村邦彦、神田正輝などそうそうたる若手俳優が、清潔に髪を整えてフォーマルなスーツに身を包んでいた従来の礼儀正しい刑事像を覆し、それぞれの強烈な刑事像をブラウン管の中で競い合いました。

さらに、元「ザ・スパイダース」の大野克夫が作曲、井上堯之バンドが演奏した、オープニングテーマの印象も強く、インストゥルメンタルでありながらサウンドトラックが何枚もつくられるほどの驚異的なセールスを記録しました。

1972年7月21日に放映開始し、1986年11月14日までの約14年間、ほぼ毎週放送され続けたこの作品は、シリーズのエピソード総計718話にも及ぶ大長寿番組であるために、その全貌を正確に把握することは至難の業です。

しかし、現在わかっているだけでも、いくつか再放送できないエピソードが存在しているのは確かなのです。

番組のプロデューサーを務めた岡田晋吉氏は「おれは男だ!」、「傷だらけの天使」、「大都会 闘いの日々」などを手がけたヒットメーカー。

岡田氏は、後年、日本テレビから発行された自らの著書「青春ドラマ夢伝説 あるプロデューサーのテレビ青春日誌」(2003年)で「太陽にほえろ!」制作の秘話を明かしていますが、それによると、あるエピソードの撮影では本物のライフル銃や鋲打ち銃を使用していたために銃刀法違反で逮捕されかけたことがあったと言います。
そのときはすんでのところで逮捕は免れたとのことですが、それに該当するエピソードが放送禁止となったのは当然の処置でしょう。

また、本放送時にはなんの問題もなく使用されていたセリフが、後年のテレビにおける自主規制基準の変化によって”不適切な表現” へと変わってしまい、現在では再放送できなくなったというパターンも存在していると明かしました。

これらのエピソードには現在発売されているDVDシリーズに収録されていないものも存在します。
現在視聴することはほとんど不可能という話が、わかっているだけでもかなりの数存在し、まさに”放送禁止マニア”泣かせのドラマなのです。

同作品の熱狂的なマニアたちは放送禁止のエピソードを探しては、その理由を捜そうと現在も血眼になっていますが、「プロデューサーが納得のいかない終わり方だった」、「容疑者を殺して終わる回がダメなのかもしれない」など、憶測の域を超えない状況なのです。

ちなみに、初期作品が収録されているDVDボックス「マカロニ刑事編」に限っていえば、第19話「ライフルが叫ぶとき」、そして第27話の「殺し屋の詩」の2本が未収録となっていますが、その理由は明らかになっていません。

前者の「ライフルが叫ぶとき」は、竜雷太演じる”ゴリさん”がライフルを構えるシーンがあるので、前述した岡田プロデューサーの著書にあった「実銃使用事件」が原因とする意見もあれば、犯人役で出演している地井武男が後年(第526話〜最終話)、”トシさん”こと井川利三役で出演していることが問題とする説もあるのです。

14年もの月日を重ねた大長寿シリーズであるだけに、「かつては犯人役で出た役者が、後年は刑事役で出ている」というケースはあるようで、整合性を持たせるために放送禁止にするというのは、事実のようです。

ファンからすれば、そのような細かいところには目をつぶってすべてを楽しむことができる状況を一日も早く実現してほしいというのが本音ではありますが、制作者側の感情と放送局側の都合は、また別のところにあるということなのでしょう。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 星一徹(巨人の星)は二度死ぬ!?
  2. ズバ蛮…すべての謎が明らかとなる衝撃の結末とは?!
  3. 風の谷のナウシカのアメリカ版タイトルは「風の戦士たち」?!
  4. NARUTO(ナルト)…「猪鹿蝶」の連携と由来とは?
  5. ブラック・ジャック…気になる最終回はどんな結末を迎えたのか?!

関連記事

  1. ドラマ

    ドラマ「やまとなでしこ」が再放送できないワケとは?

    今、かつて数々の有名ドラマに出演してきた俳優たちが窮地に立たされていま…

  2. ドラマ

    ドラマ「スーパーポリス」は視聴率低迷で打ち切り!

    視聴率の問題によって放送打ち切りになってしまう作品は数多く存在します。…

  3. ドラマ

    あぶない刑事(ドラマ)…今では再放送できない回がある?!

    今でもお洒落エリアとして名高い横浜…そんな横浜のベイエリアを舞台に…

  4. ドラマ

    西部警察2003…池田努が事故を起こしてドラマはお蔵入り!?

    PARTⅡ・PARTⅢと高視聴率を誇った「大都会シリーズ」に続いて、石…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 映画「ノストラダムスの大預言」のDVDが発売中止となった理由…
  2. 漫画「スローニン」の名言はこれだ!!
  3. ロシア映画「孤独な声」…廃棄命令を受けた理由とは?!
  4. 漫画「ゆうれい小僧がやってきた!」…気になる最終回のあらすじ…
  5. 映画「ラストタンゴ・イン・パリ」…出演者が有罪となった問題シ…
  6. 超機動員ヴァンダー…気になる最終回のあらすじとは?!
  7. 映画「バラ色の青春」…時を経て再発見されたカルト映画の内容と…
  8. メタルK…最終回の衝撃的なあらすじとは?!
  9. 漫画「機動警察パトレイバー」…最終回の気になるあらすじとは?…
  10. あだち充による漫画「ラフ」…最終回で三角関係のゆくえはどうな…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    アンパンマンのマーチの歌詞には戦争反対の意味合いがある?!
  2. 漫画

    漫画「ハロー張りネズミ」の最終回は意外な展開だった?!
  3. 映画

    映画「恐怖奇形人間」がDVD化されるまでの長い道のり
  4. 映画

    風の谷のナウシカのアメリカ版タイトルは「風の戦士たち」?!
  5. 漫画

    踊るトラ猫の漫画「ホワッツマイケル」の最終回はどうなる?!
PAGE TOP