漫画

聖闘士星矢には「のりピー語」を話すキャラがいた?!

夜空に輝く「星座」をモチーフにした聖衣(クロス)を身にまとい、戦いの女神・アテナと地上の平和を守るために邪悪と戦う聖闘士たちの活躍を描いた漫画「聖闘士星矢」…
1986年に「週刊少年ジャンプ」で連載が開始されるやいなや、大人気を博しました。

実はこの作品に、現在では封印された「小ネタ」が存在していることをご存知だったでしょうか?…
それはジャンプコミックスの第19巻に描かれています。

ここに収録されたエピソードに、酒井法子さんが使用していた「のりピー語」を登場人物が話している描写があったのです。
同巻に登場する敵キャラクター蟹座のデスマスクが、主人公のペガサス星矢との戦闘時に「P!P!」、「マンモス哀れなヤツ!!」と発言したり、天秤座の童虎が登場時に「そ~れ、FIGHT!」、「やっピー!」と喋ったりする箇所があるのです。

だが、その後に発売された文庫版や完全版などでは、これらのセリフは別の言葉に差し替えられています。
ちなみに、前述の「マンモス哀れなヤツ!!」というセリフは現在購入可能な書籍では「宇宙的に憐れなヤツ!!」となっていました。
修正処置が行われた文庫版・完全版の発売は、酒井法子さんの逮捕前だったので、その理由は不明です。

また、セリフではありませんが、同巻にはアンドロメダ瞬の部屋に、のりピーのイラストが表紙に描かれている本が存在している場面も確認できるのですが、こちらには手は加えられておらず、現在でも閲覧可能となっています。

2016年2月に酒井法子さんが出演した台湾の音楽イベントには、多くのファンが駆けつけました…
海外では現在も酒井さんの人気は未だ高く、ひょっとすると今後外国で出版される「聖闘士星矢」のコミックスでは、のりピー語を話す聖闘士の敵キャラを再び見れるかもしれませんね。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. つる姫じゃ〜っ!…気になる最終回とは?!
  2. ウルトラ兄弟…ウルトラの父と母が生んだ息子はタロウだけ?!
  3. こち亀…初期は未収録となるほどひどいものだった?!
  4. サザエさん…磯野家に82回も泥棒が入った理由とは?
  5. 台湾版「ドラえもん」が人気の理由は何だったのか?!

関連記事

  1. 漫画

    漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!

    本宮ひろ志氏による漫画「ばくだん」…日…

  2. 漫画

    ルパン三世…最初に検討していた髪型は長髪スタイルだった?!

    誰もがご存知、大人気キャラ「ルパン三世」のルックスといえば、おなじみの…

  3. 漫画

    のび太の早撃は次元やゴルゴを凌ぐ0.1秒!

    思い返してみると、漫画の世界には様々な「早撃ち」のスペシャリストが登場…

  4. 漫画

    怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!

    どおくまん氏による漫画「怪人ヒイロ」……

  5. 漫画

    スヌーピーが閉所恐怖症な理由は「雑草」が原因?!

    誰もが知ってる世界中で3億部の発行部数を誇る大人気マンガ「ピーナッツ」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 沈黙の艦隊…軍事写真の著作権侵害問題とは?!
  2. 燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!
  4. 「キン肉マン」…ヤバすぎて封印されたエピソードとは?!
  5. ブラックジャックは感動作品ではなく恐怖コミックスだった?!
  6. 怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!
  7. 漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  8. 「狂人軍」…永久封印された理由とは?!
  9. 「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争い…
  10. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    しずかちゃん(ドラえもん)は毒舌キャラだったの?!
  2. 漫画

    石川賢の漫画版「ウルトラマンタロウ」があまりに暗すぎる件
  3. 漫画

    逮捕しちゃうぞ…最終回の意外なあらすじとは?
  4. 漫画

    コータローまかりとおる!…最終回では驚くべき展開が?!
  5. 漫画

    かっこいいスキヤキ…青林堂が100万を払えずに円谷プロ激怒?!
PAGE TOP