漫画

原作のマスオさんはカツオ以上にイタズラ好き?!

ご存知のように「サザエさん」のカツオはイタズラキャラです。
それに対し、マスオさんは温厚な性格で、カツオのイタズラをたしなめることが多いかと思います。

しかし、原作版のマスオさんはまったく違うのです。
カツオと同じくイタズラが大好きで、しかもそのレベルがはるかに悪質なのです。

例えば、マスオさんがノリスケと一緒に山登りへ出かけたエピソード…
ふいに「刑事ごっこ」を思いついた2人は、ノリスケが刑事役、マスオさんが犯人役となり、その場で「ここに死体を埋めたんだな」と演じ始めました。

当然、通りがかったハイキング客はビックリ…
大量のマツタケが入ったカゴを放り出し、そのまま逃げ去ってしまうのです。

すると、マスオさんはマツタケを土産として持ち帰り、サザエに調理させるのでした。
完全に犯罪レベルのイタズラだと言えるでしょう。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 風の谷のナウシカのアメリカ版タイトルは「風の戦士たち」?!
  2. 映画「恐怖奇形人間」がDVD化されるまでの長い道のり
  3. 大甲子園…オールスター大集合となる最終回はどう締めくくられるのか?!
  4. るろうに剣心…星霜編のラストは性病が原因で剣心と薫が死ぬ?!
  5. はだしのゲン…漫画の最終回はどのように幕を閉じたのか?!

関連記事

  1. 漫画

    漫画「あいつとララバイ」…感動のラストとは?!

    楠みちはる氏のよる漫画「あいつとララバイ」…横浜を…

  2. 漫画

    プレイボール(漫画)…最終回の意外なあらすじとは?

    ちばあきお氏による野球漫画「プレイボール」…この「プレイボール」の…

  3. 漫画

    ドラミちゃん…彼氏が4人いることを堂々と語る?!

    ドラえもんの妹として人気の「ドラミちゃん」…清純なイメージが強いキ…

  4. 漫画

    ワンピース…「プルトン」について考察してみる!

    古代兵器プルトンに関する情報が数多く確認されたのが、「ウォーターセブン…

  5. 漫画

    あんみつ姫…人種差別を助長すると抗議を受けたことがある?!

    「あんみつ姫」は、作者・倉金章介氏によって1949年から雑誌「少女」で…

  6. 漫画

    のび太の早撃は次元やゴルゴを凌ぐ0.1秒!

    思い返してみると、漫画の世界には様々な「早撃ち」のスペシャリストが登場…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 沈黙の艦隊…軍事写真の著作権侵害問題とは?!
  2. 燃える!お兄さん…用務員への差別による回収事件とは?!
  3. ゴルゴ13…過激すぎて封印作品となったエピソードとは?!
  4. 「キン肉マン」…ヤバすぎて封印されたエピソードとは?!
  5. ブラックジャックは感動作品ではなく恐怖コミックスだった?!
  6. 怪人ヒイロ…痛快に終わる最終回はこれだ!
  7. 漫画「ばくだん」の意外なあらすじとは?!
  8. 「狂人軍」…永久封印された理由とは?!
  9. 「キャンディ・キャンディ事件」延々と繰り広げられる著作権争い…
  10. 「魔太郎がくる!!」…欠番となったエピソードは作者のイジメ体…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. 漫画

    胸さわぎの放課後…純粋なまでの2人の恋の結末はいかに?!
  2. 漫画

    NARUTO(ナルト)…角都はガンダム設定?!
  3. 漫画

    はだしのゲン…漫画の最終回はどのように幕を閉じたのか?!
  4. アニメ

    子鹿物語…アニメのあらすじから予想だにしない衝撃のラスト?!
  5. 漫画

    ズバ蛮…すべての謎が明らかとなる衝撃の結末とは?!
PAGE TOP