漫画

原作のマスオさんはカツオ以上にイタズラ好き?!

ご存知のように「サザエさん」のカツオはイタズラキャラです。
それに対し、マスオさんは温厚な性格で、カツオのイタズラをたしなめることが多いかと思います。

しかし、原作版のマスオさんはまったく違うのです。
カツオと同じくイタズラが大好きで、しかもそのレベルがはるかに悪質なのです。

例えば、マスオさんがノリスケと一緒に山登りへ出かけたエピソード…
ふいに「刑事ごっこ」を思いついた2人は、ノリスケが刑事役、マスオさんが犯人役となり、その場で「ここに死体を埋めたんだな」と演じ始めました。

当然、通りがかったハイキング客はビックリ…
大量のマツタケが入ったカゴを放り出し、そのまま逃げ去ってしまうのです。

すると、マスオさんはマツタケを土産として持ち帰り、サザエに調理させるのでした。
完全に犯罪レベルのイタズラだと言えるでしょう。




Sponsored Links

ピックアップ記事

  1. 漫画「右曲がりのダンディー」…気になる最終回のあらすじとは?!
  2. 日テレ版「ドラえもん」の黒歴史が凄い?!
  3. こち亀…初期は未収録となるほどひどいものだった?!
  4. ズバ蛮…すべての謎が明らかとなる衝撃の結末とは?!
  5. 仮面ライダーX…視聴率挽回のためにヒロインが急死?!

関連記事

  1. 漫画

    ドラえもん第1話「未来の国からはるばると」が封印された理由とは?

    1969年に連載がスタートしたドラえもん」の第1話は、「未来の国からは…

  2. 漫画

    バビル2世…原作の印象的な最終回とは一体?!

    横山光輝氏による「バビル2世」…最終回では北極に築かれたヨミの城バ…

  3. 漫画

    矢吹丈のモデルは「たこ八郎」だったの?!

    「週刊少年マガジン」に1969年から連載され、熱狂的なファンが生まれた…

  4. 漫画

    「ドラえもん」がカタカナとひらがなで書かれた理由とは?

    「ドラえもん」といえば、連載が始まったときから「えもん」だけはひらがな…

  5. 漫画

    ドーベルマン刑事…涙ありの最終回はどうなる?!

    原作・武論尊氏、漫画・平松伸二氏による「ドーベルマン刑事」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. コスモスストライカー…戦士たちの激闘の結末はどうなった?!
  2. 映画「天安門、恋人たち」の周りからの評価とは?発禁となるのは…
  3. ガキ帝国悪たれ戦争…秘宝映画として残したい作品がなぜ公開中止…
  4. 漫画「らんま1/2」…気になる最終回のあらすじとは?!
  5. 映画「靖国 YASUKUNI」…上映中止に追い込まれたその理…
  6. フランス映画「密告」はなぜ上映禁止の不運に巻き込まれたのか?…
  7. 映画「ノストラダムスの大預言」のDVDが発売中止となった理由…
  8. 漫画「スローニン」の名言はこれだ!!
  9. ロシア映画「孤独な声」…廃棄命令を受けた理由とは?!
  10. 漫画「ゆうれい小僧がやってきた!」…気になる最終回のあらすじ…
Sponsored Links

ピックアップ記事

Sponsored Links
  1. アニメ

    ムーミンの初期アニメがお蔵入りなってしまった驚きの理由とは?!
  2. 漫画

    はだしのゲン…漫画の最終回はどのように幕を閉じたのか?!
  3. アニメ

    おぼっちゃまくんには再放送は禁止された回がある?!
  4. 漫画

    矢吹丈のモデルは「たこ八郎」だったの?!
  5. 漫画

    漫画「アシュラ」…結末まで完全版がリリースされない理由とは?!
PAGE TOP